フィルム24枚で撮るか、36枚で撮るか

フィルムカメラで使用するフィルムには24枚撮りと36枚撮りが存在しています。

この二つに撮影枚数以外の差はなくて、ただ撮影している間フィルム交換のタイミングに関わるだけです。

フジフィルムの業務用が24枚撮りだったりしましたが、基本的に36枚の方が主流なので、24枚撮りの存在を気にしない場合もあるかと思います。

ですが、ぼくはちょっと気になっていてどちらを使用するのがいいのか考えてみました。

基本的に36枚撮りで撮影する方がいい

現像に出す際、フィルム1本に月費用がかかるため、36枚撮りの方がコストパフォーマンスはいいと言えるはずです。

業務用フィルムがまだ販売されていた頃は24枚撮りでもフィルムの費用が安く済んだので良かったのですが、今は24枚と36枚にそこまで大きな価格の差はないように感じます。

そうであるなら当然36枚で撮った方が費用面でいいですよね。

それでもぼくが24枚撮りが好きな理由

理由はシンプル。撮影枚数が24枚の方が使い切れるから。

フィルムはなるべくならカメラにセットしてから早めに撮影した方がいいと言われています。いわくフィルムが劣化するとのこと。

そこまで神経質になる必要はないと思いますが、なるべくなら使い切ってしまった方が気分がいい。

それにフィルムは途中で交換することができません。違うフィルムを使いたいときは今のフィルムを使い切らなくてはいけません。

色々なフィルムを使いたいぼくにとって、36枚撮りは少しボリュームがあるわけです。

ちょっとしたお出かけでは使いきれない。土日をかけて出かけてもまだ余っていることもあります。

24枚であれば1日の中でも使い切れることが多くて、36枚の時よりも締め切りが見えている分、撮影枚数がふえるような感覚です。確かにフィルム交換の手間は増えることになりますが、それでもたくさんの写真を撮れる気がします。

だからぼくは日常を写すフィルムは24枚の方が好き。

郵送で現像に出すなどの特別なときは36枚で

郵送受付をしてくれる現像所に現像を出すときは、せっかくなので36枚で送りたいです。

理由は簡単に何度も出せるというわけではないため可能な限りまとめたいこと、現像所ごとのカラーの違いというか、現像の違いを楽しむためにも枚数は多い方が楽しいから。

今は行けていませんが、旅行のフィルムは36枚で撮影した方がフィルム交換の手間が少なくなっていい。

旅行先で撮影したフィルムを旅行先で現像に出すことができればちょっと楽しそうですね。

フィルムカメラは楽しい

何枚撮りでどうしようかと考えられるのはフィルムカメラの特権ですね。

デジタルカメラでは、SDの容量がよほど小さくない限りは、数百枚以上の写真を撮影することが可能。

フィルムは何を使うのか、ISOはいつくのフィルムにするのか、撮影枚数はどうするのか。

これに関してはフィルムカメラならではの悩みでありかつ、楽しみです。これが本当に楽しい。

もちろんぼくはデジタルカメラも好きです。さまざまな条件の中で、設定をきちんとすればちゃんとした綺麗な写真が撮影できる。

それもまた、楽しいと感じます。

ですが、その楽しさとは違うフィルムカメラの楽しさもまた、離れがたい魅力を持っているんですよね。あぁ、楽しいな。

created by Rinker
玄光社
¥2,200 (2021/06/16 03:27:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です