鍵や財布を見つけるための最適解はAirTag

1日の精神力を大切に使うために

実際にAirTagを使ってみました

AirTagを購入して試してみました。

これにより生まれたのは、これからの人生において鍵や財布を探す時間がなくなったという事実

ないモノを探す時間の気持ちの焦りや、不安、見つからないことへの苛立ちを考えると対費用効果抜群です。

朝から探し物をした日なんて、1日分の精神力を使ってしまって朝からその日がうまくいかないことが決まってしまいますからね。

大切なことに時間を使えるようになったので、かなり満足しています。

探し方はざっくりこんな感じ

奥さんにAirTagを隠してもらって探すゲームをして性能を試してみました。実際の探し方は

まず探すアプリでAirTagを探す
すぐにAirTagのある方角と距離が表示
その案内に従って歩いていくと、おおよそのところで「ここにあります」と表示
そこまで来たらAirTagで音を鳴らして最後の捜索

こんな感じです。

かなり正確に位置が分かりますし、ここにありますと表示されるのも10cmとかのレベルなので、ほぼ見つかる位置でしょう。

何かに埋もれて隠れているときも音を鳴らせるので、間違いなく見つかるはず。

価格の高さはネック

3,800円は高めに感じます。

Toleなどの紛失防止トラッカーであれば2,000円前後くらいでしょうか。

機能的にもそこまで違いはないでしょうし、その価格差をどのように感じるか。

そこがAirTagの気になるところかなと思いました。

iPhoneとの親和性を考えると価格よりも機能

DSCF0409

価格は先ほども書きましたが、少し気になるところです。

ですが、ぼくは実際に使ってみて、iPhoneとの接続の簡単さや、探すアプリの使い勝手を考えるとAirTagがいいです。

また、デザインもりんごマークいいじゃないですか。

DSCF0411

キーホルダーとして使用するのであればデザインも重要な要素ですよね。

これからの生活に鍵や財布のない焦りがなくなりました

人間が1日に使うことができる精神力は限りがあると言われています。

いかにその精神力を大切なことの意思決定に使えるかが勝負どころですよね。

その大切な精神力を無駄に消耗することが、これからの生活になくなったことへの安心感が半端じゃないです。

とにかく大切なのは紛失防止トラッカーを一刻でも早く導入することです。

1日の限りある精神力、大切にしていきましょう。

DSCF0410

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です