デジタル人間がそれでもアナログ手帳を手放せない理由

仕事のタスクの管理はもっぱらデジタルで行っています。というのもその方が、タスクをこなした時に消し込みを行う事ができて楽しいという感じ。

それ以外にもMacBook AirやiPad、Pixelで管理することができるところが便利だと思います。タスクを思いつくのが歩いている途中だったり、電車に乗っている時だったりするので、いつでもタスクを追加したりできるのが良いところ。

そんなデジタル中心の生活をしているぼくですが、実はずっとアナログ手帳とノートを手放すことなく持ち歩いています。こちらもタスク管理を行う用途で持ち歩いています。

ただ、それは仕事をために持っているのではなくて、別の目的のために持っている感じ。

ぼくがアナログ手帳を持ち歩いている理由について記事にしました。

アナログ手帳とノートを使っている理由

DSC00428

DSC00429 手帳は日々のタスクを管理するために使用していて、ノートは自分の2つ目の脳のような使い方をしています。

手帳は自分のやりたい事を中心に。
ノートは自分の考えや疑問を中心に。

アナログ手帳の使用方法

DSC00427

DSC00423

アナログ手帳で行っているタスク管理は、仕事以外のプライベートに関する事について。仕事のタスクに埋もれてしまって、プライベートの事がおざなりになっていることに気付いたので、そこから持ち歩くようになった感じ。

ブログのこと、家のこと、自分のしたいこと。どれも自分の人生にとって大切な事なのに、仕事ばかり管理をしていてやりたいことが何一つできないでいる。そんな人生はおかしい。

そう思ってから、毎週自分のしたいことを時系列に書き留めて管理するようになりました。そうすることで自分のしたいこと、大切なことを大切にしていきたい。そう考えて使っています。

ノートの使用方法

DSC00430

DSC00425

DSC00426

ノートはタスクではなく、自分の頭を整理するために使っています。自分が考えたこと、疑問に感じたことを書き留めておいて、時間を見つけては具体的にしていったり、図に書いてみたり抽象化してみたり。

そういう作業はデジタルよりも、アナログに手書きで行ったほうがうまく考えられるように思います。

また、ブログのプロットも基本的にこのノートで考えています。以前はテキストソフトやアプリに打ち込んでプロットを考えていましたが、それでは考えが広がっていかないくて、段々と閉塞感を感じるようになってきました。

手書きをしていると、書いている間にも考えられるからこうしてみようとか、こういうアイデアはどうだろうかと、頭がフル回転しているようなそんな感覚を感じます。

特にこういうブログのアイデア出しをしている時は、手書きが抜群に良いです。プロットも楽々書けてしまうので、いざ執筆しようとした時に思っている事がどんどん出てくるようになりました。

まとめ

DSC00424 デジタルはやらなければいけないこと、アナログは自分のやりたいことを管理しています。自分のやりたいことを管理するのはやっていない人も多いかもしれませんが、かなり大切なことだと思います。

自分のやらなければいけないことばかりに埋没していると次第に疲れてしまって、自分が本当に楽しみにしていたことすら楽しめなくなってしまう。実際にぼくはそうなってからこれは行けないと気付いて、手帳を使い始めました。

自分のやりたいことを大切にするために、手帳、使ってみてはいかがでしょうか。

もちろんデジタルでもいいと思います。自分の大切にしたいことを書き出してみませんか。

 

created by Rinker
デザインフィル
¥880 (2021/03/07 09:42:00時点 Amazon調べ-詳細)