iPadでMagic Trackpad2を使うと革命的に便利だった 『Apple Magic Trackpad2』レビュー

こんにちは、iPadでほぼ全ての作業を行なっているくらいにiPadが好きです。

 

iPad用が5月に販売されるMagic Keyboard、楽しみですね。

トラックパッド対応になったiPadOS。

真価を確かめたくてMagic Trackpad2を購入してみました。

iPadにトラックパッド?前はマウスが良いとか言ってたけど本当に必要あるの?

iPadにトラックパッドってパソコン買えば良いわけだし本末転倒じゃない?

 

このことについて回答します。

iPadでMagic Trackpad2を使うと革命的に便利だった 『Apple Magic Trackpad2』レビュー

この記事はApple Magic Trackpad2をiPadProで使ってみたレビューについて書いています。

Apple Magic Trackpad2をiPadProで使った結論は「iPadがパソコンでありタブレットである状態になってポテンシャルが爆上がりする」です

iPadが1つでパソコンとタブレットのいいところを持った最強端末になりますよ。

 

理由はやはりトラックパッドの操作性が抜群にいいことです。

二本指や三本指での操作もありますので、覚えれば何をするにも便利にササっと操作することが可能になります。

どうしてトラックパッドでiPadが最強端末になるのかについて書いていきます。

どうしてトラックパッドでポテンシャルが爆上がりするのか

iPadにトラックパッドを使うと接続した瞬間にiPadをパソコンのように操作することができるようになります。

ページ送りや文字選択のストレスが皆無になるため快適すぎる作業が約束されますよ。

 

手元で直感的に操作できるので写真編集の際などかなり捗ります。

ぼくの指が大きいのもありますが、 Lightroomのパラメータバーが操作しにくい時があるんですよね。

それが全く気にならなくなるため、個人的にかなり革命的でした。

 

また、Magic Trackpad2はクリック感も良く触っていて気持ちのいい感触なためずっと触っていたいような気分にさせてくれます。

タップで選択できるようにすることもできますし、いいモノですよ。

 

色はシルバーを選択しました。見た目ホワイトだと思いますが違うんですかね。

iPadをパソコンにするなら最初からパソコンを買えば良くない?

ここまで読んでこう思う方もいるかと思います。

確かにiPadをノートパソコンとして使うのであればノートパソコンを買った方が良いです。

性能も選択することができますし、長い動画を編集・書き出しを行うんバドなどの重作業はiPadProであっても厳しい場面があります。

ですので、それらの作業を伴うような場合はノートパソコンやデスクトップパソコンをおすすめします。

iPadでもかなりの作業をこなすことができるので、本当に業務レベルで動画を作成している場合に限るとは思いますが。

パソコンのように操作できると言ってもiPadはタブレットですので。

ですが、iPadはタブレットなんです。

つまり、パソコンのように常にキーボードがくっついている状態ではありません。

トラックパッドもキーボードも接続を解除してしまえば、快適なエンタメ端末に早変わりです。

ソファでくつろぎながら映画でもいかがでしょう。

つまり、パソコンの操作性を手に入れたiPadはパソコンの作業効率性とタブレットの手軽さを併せ持つ最強端末になったと言えます。

もうこれひとつでいいんじゃないですかね。

 

マウス接続との差

前にマウス接続が快適って言ってなかった?とラクパッドとどっちが良いの?

どちらも良いところがあるため難しいですが、ぼくはトラックパッドをおすすめしたいです。

 

作業のしやすさではマウスが優っています。

細かい操作などはマウスの方が適していると思います。

 

ですが、トラックパッドは二本指での操作、三本指での操作があり快適に素早く操作できるのはトラックパッドです。

ホーム画面に戻る際や、アプリの切り替えなどマウスでは操作し難い部分もトラックパッドであれば片手で全て完結します。

 

これがかなり快適。

 

個人的に感じるのは指で操作している時よりも快適に素早く操作できているということ。

画面に触っている間にトラックパッドならホーム画面に戻れていますよ。

あぁ、何度操作しても効率が良すぎてうっとりする。

トラックパッドでの操作

トラックパッドの操作ですが、複雑なことは特にありません。

MacBookを操作したことのある人なら迷うこともなく操作することができますよ。

 

一本の指でトラックパッドをなぞるとカーソルが動きます。

動かす速度ですが、最速に設定しておくことを強くおすすめします。

別にゆっくり動くようにしても良いのですが、最速に設定していてもカーソルが操作アイコンに近づくとアイコン選択モードになるためここを選びたいのに通り過ぎて操作しにくいような事態にはなりません。

また、Magic Trackpad2は面積が広めですが、操作範囲が狭いモノもあるかと思います。

トラックパッドの端から端まで指が動いているのに画面上のアイコンは半分くらいしかきていないとなると作業効率がかなり悪いですよね。

ぼくはその状態は我慢できません。

 

二本指で操作すると画面をスクロールできます。

最近は大体のパソコンでこの操作ができるため違和感はないですよね。

二本指でピンチイン、アウトで画面の拡大・縮小です。

また、ウェブページであれば左にスワイプで戻る、右にスワイプで進むの操作ができます。

あぁ、便利。

 

三本指を上にスワイプでホーム画面を表示、あるいは立ち上がっているアプリの一覧表示ができます。

ホーム画面表示が指よりマウスよりトラックパッドが便利です。

指の場合、画面下の方から上にスワイプするか四本指で上にスワイプです。

マウスであれば下のバーを選択かあるいはカーソルを下にグイッと操作する必要があります。

トラックパッドは手元にあるため画面まで手を伸ばさなくても良いので、その場で上にスワイプすれば完了です。

これが、本当に、快感です。

そこで気になるのはiPad用Magic Keyboard

iPad、キーボード、トラックパッドの組み合わせは考えていたよりも数倍快適です。

 

そこで俄然気になり始めたのが5月に予定されているiPad用Magic Keyboard。

 

キーボードとトラックパッドが揃っていてUSB-C端子も追加できる。

さらに充電などの心配もないとくればまさに最強のガジェット。

 

iPadとしての機動力も取り外すことが容易であれば十分に確保できます。

 

そして何より、画面が宙に浮くようなあのスタイルがカッコ良すぎる。

 

操作も最強、見た目も最強。

Magic Trackpad2を買ったことでこんなにMagic Keyboardが待ち遠しくなるとは思いませんでした。

作業効率を求める方こそMagic Trackpad2とiPadの組み合わせがいい

ノートパソコンの持つ操作性と携帯性。タブレットの持つ気軽さ。

Magic Trackpad2でどちらも手に入れることができます。

 

また、Magic Trackpad2は薄く軽いため持ち運びも容易です。

バイク旅では流石に持ち運ばないでしょうが、そうでないなら荷物に忍ばせるのもいいかなと思います。

 

旅先でも快適に作業したい。

そんな希望を叶えてくれる、iPadを最強端末へと押し上げてくれるMagic Trackpad2、おすすめです。