ブログを1ヶ月毎日更新してみた効能

以前にもやってみたことのあるブログを毎日更新する取り組み。

今年のGWに緊急事態宣言が出ていたこともあって、やることがないなと思ったので、軽い気持ちではじめました。

そうこうしているうちに1ヶ月が経って思ったことについて書きました。

ブログを書くことが日常に一部になった

ブログを書くこと自体が日常の一部になってきたことで、むしろ何かを書かないと気持ちが悪いような感覚になるようになりました。

走ることを日課にしている人が走らないと気持ち悪いのと似たような感覚なのだろうと思います。

日常の中に何か継続していることがあると、それを継続したい気持ちになる。そういう感覚まで持っていけたら無理に続けようと思うことなく続けられるのですね。

タイピングについても練習になりますし、いいことばかりだなと思っています。

無理なくブログを書くことができるようになった

ブログを書く上で壁になるのが、何を書くかということです。

確かにこの何を書くかについては難しくて、思いつきを待つ、あるいは人が何を検索しているのか調べてその検索ワードに沿った記事を書くなどの方法で解決することになります。

ですが、無理をして何かないかと血眼になって探さなくても、ある程度これを書きたいなと思うことを見つけられるようになってきました。

これはいわゆる特化ブログにしていないためできることだろうなと思います。

雑記ブログなので、何を書いてもいい。そうなのであればなんでも思うがままに書くことができますからね。

無理をしなくていいことも継続には大切なことだなと、肌で感じることができました。

継続する方法を学べた

上に書いた通り継続するために必要な方法を学ぶことができました。

この方法については書籍で知識として学んでいましたが、こうして実体験を通してやはりそうなんだなと感じられることは大きいですね。

継続するための方法、これさえ掴むことができれば、今後の人生においてやっておきたいことを継続して続けることが簡単になりそうです。

ブログを更新しているだけで、いい知識を手に入れることができました。

どこまで続けられるのかは分かりませんが、なるべくこのままブログを定期的に更新するようにしようと思います。

主に自分のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です