出先でのブログは最小環境で書いてみたい。そのために必要なモノを集めてみました

ブルートゥースキーボードとスマホスタンド

先日iPadProとSmartKeyboardの組み合わせでオンもオフも環境を整備して、すごく快適に過ごせるようになりました。そこでちょっと実験的にもっと最小の環境でブログの更新等をできるようにならないかなと考えてみました。


iPhoneでやれること

最小の環境となれば使用するのは携帯電話として常に持ち歩いているiPhoneですね。これを活用できれば成功と言えるんじゃないでしょうか。とはいえ今のところiPadを持ち歩かない日がどれほどあるかなぁとも思いますが。

まず、iPhoneでしたいことを整理します。外の環境で写真の現像、ブログを書くことくらいまでできれば後はiPadや自宅PCで補完できます。iPadであればそこに加えて画像の編集、手書き文字入れ何かが快適に行えます。

つまり、僕はiPadが手元にない状態でキーボードを使用して記事の草案を書いたり、写真を現像できれば良さそうです。荷物を少なくして旅行に行った時なんかに便利になりそうです。

となると、Lightroomはインストールしていますので、必要なのはすごく小さなキーボードだけですね。可能であれば折りたたみとかがあれば小さな鞄にも余裕をもって入りそうです。


揃えてみた

折りたたみキーボード

というわけでキーボードを用意しました。折りたたみで小さく収納できるタイプです。Bluetooth接続できて、折りたたみだし、軽いから荷物にもならないといいことばかり言ってますがですが、問題がないわけではないです。画像にキーの配列があるのです。エンターキーが小さい!これが地味に効いてます。なにをするにもエンターキーは押すので、ここまで小さいと入力しにくい。ですが、これはコンパクトにする上で仕方ない部分なのかもなぁと思うことにします。

ともあれ、これで入力はフリックよりもやりやすくなったので、外出先でも記事を書くことが快適にできるようになりました。キーボードは一考の余地がありますが。

写真の取り込みも可能

次に画像の取り込みですが、これはiPadProでも使っているカードリーダーを使用すればできます。LightroomもIOS版があるので、問題なく画像現像しておくことが可能です。

iCloudを利用して出先の作業が自宅のパソコンに反映されているので面倒な作業もありません。最終的に自宅のパソコンでブログとしての体裁を整えればいいだけです。


今回色々調べて、どうしたら快適な環境になるかなと実践してみたのですが、調べれば調べるほど、便利な世の中になったなぁと実感しました。