たまにはカブでのんびりとことこ 南山城ツーリングレポ

カブでツーリング

今年は8月の終わりあたりで涼しいなと感じる日が多いですね。特に朝なんかはもう秋の気配すら感じます。天気予報を見ても雨こそ多くて楽しくないですが、気温は最高で30度付近、最低は20度付近となかなか過ごしやすそう。バイク乗りとしては雨だけがネックですが。

思い返すとこの夏はツーリングに行っていません。去年の暑さに比較すれば多少マシですが、今年のここまでの間、とても暑くてバイクにも人間にも厳しい季節でした。

今年はもっぱら車でウロウロすることが多かったです、暑い日は車に限りますね。雨も寒さも車が快適なんですけど。

とはいえやっぱりバイクに乗りたいわけでして、SRは入院をしているので乗るとしたらここはカブですが、調子が悪いわけです。ですが、対策はしたので近場でテストを兼ねて走ってみようと思います。

最近YouTubeのバイク動画ばっかり見ているのですが、原付二種のツーリング動画がすごく面白くて、気軽に知らない道に入っていける強さがいいですね。SRでもいろんなところに入っていきましたが、ここまで気軽に入らないなぁと感心したりして、今回のカブツーリングでは気軽さも持ち合わせて走ろうと決めました。

原付二種の車体は軽いし、小回りがいいので細い道の先が通行止でも楽々戻ることができるのが、フットワークの軽さにつながるのだと思いますので、ウチのカブも原付二種ですし、負けない走りができるはずです。

ツーリングに出発

さて自宅を出発してのんびり走りますが、街中を走るのもカブであれば楽ですね。幹線道路でも車の流れに乗ることができますし、車にばかり乗っていたので道路がすごく広く感じます。あぁ、バイクってこうだったな〜。

市街地の走行にも慣れて、そろそろと走っていると山道に入りました。カブは山道でもひらひら走ることができて気持ちいいですね。上り坂は僕自身の体重もあって登りません。ちょっとかわいそうになりますね〜。カブは曲がり道も軽快ですが調子に乗るとどこかをこすってしまって、かなり慌ててしまいます。そもそもカブの細いタイヤでバンクさせることが厳しい感じですので、注意しながら乗らなければいけませんね。

今回は南山城の道の駅を目標にしているので163号線をひたすら走ります。そこまで楽しい道だと思ったことのない道でしたが、SRとは速度域が違うせいかすごく楽しいと感じました。道の広さや景色の移り変わりがすごくちょうど良く感じて、ツーリングしている感がとても高まります。いい道だったんだなぁ。そういえばこの163号線、京都いづみチャーミングロードなんて名前があったんですね、全然知りませんでした。

沈下橋を見つけました

いつも気になっていた沈下橋に寄り道しました。一歩間違うと川に転落する感じがすごくしますがカブくらいの小回りのきく車体だと気持ちにも余裕が生まれます。以前SRで訪れた時はちょっと無理かなぁと思ったので、気軽に知らない道に入っていく感があって目標を達成したような、そんな楽しさを味わいました。

沈下橋といえば四国の四万十川あたりが有名ですが、あちらはどうなんでしょうか。たまに写真で見る感じでは人が多く通行しておられるのでバイクで通るには危険なのかな〜とか考えてしまいます。それでも一度訪れてみたいなと考えているのですが。

道の駅 お茶の京都みなみやましろ村

走り続けて道の駅に到着しました。新しい建物の道の駅で食べ物もソフトクリームもお茶推しです。ソフトクリームはかなり人が並んでいたのでやめにして茶団子をいただきましたが、とても美味しくて飽きのこない味だなと思いました。道中の道もとても楽しくて程よい距離にありますので、今後カブツーリングでちょくちょく来ようと思います。色んな支線というか、冒険心をくすぐる道もありましたので。

その後はまっすぐ帰ってもよかったのですが、せっかくならいつも近くを通るけど行かないところに行ってみようと思いました。そのため月ヶ瀬方面にバイクを走らせるのですが、すぐにそういえばこっちにいたことないあなぁという道がもう一つありましたので、そちらに向かいます。

カブでアドベンチャー

結果的に行き止まりでしたが、行き止まりはなんだかその道を行ききった感じがして気持ちがいいですね。先がどうなっているのか楽しみで、路面の状況からあまり人が通るようなところではないなとか、景色がすごく気持ちいいなとか、わくわくがおさまらない感覚でした。

四国一周を初めてした時も知らない道を進むこと、見たことのない景色に出会えることにわくわくしました。こういう事が楽しいのだなとよくわかった気がします。

道を引き返して当初の目的地にぐんぐん進みます。あまり他の車を見かけることもなく快適に走ってたどり着きました、高山ダムです。月ヶ瀬あたりを走った後に帰り道ですぐそばの道を走ることはあったのですが、寄り道したことはなくて気になっていたので、ようやく訪れる事ができて良かったです。

巨大建築物が好きで、こういうダムも好きなんですが、コンクリートじゃなく土なんかで建築されている人が作った大きな建築物とかロマン溢れていいなぁと思います。まだ実物を見たことはないですがピラミッドとか一度は見に行きたいです。サグラダファミリアとかもいいですね。

高山ダムですが、なかなか細い道路があり通行できるようになっていました。車サイズはすれ違えないと思いますが、バイク同士なら余裕でしょう。バイクと車は厳しいかもですね、どちらかが止まって待てばすれ違えるかな。ですがダム上を通過するのは珍しい体験ですので通ってみるのもいいかなと思います。

レンガ作りの発電所

さてそろそろ帰ろうかなと思い163号線方面に向かうとなんとも雰囲気のある建物が見えました。発電所のようですがレンガ作りですごくいいです。前にイビデン東横山発電所を見に行った事がありましたが近くによることはできませんでしたが、こちらはよく似た建物でかなり近くまでいけました。レンガ作りもいいですね、雰囲気がすごくいいです。かなり細い道を通りましたがカブなら余裕だったし、やっぱり原付二種のツーリングはいいですね。

帰り道は少し遠回りで

その後は来た道を戻るのもなんだか味気ないかなと思い山道に入ってのんびり戻りました。往復100kmほどですかね、燃費も50km/lくらいでしたがカブの燃費すごい。タンク容量が小さいので過信すると痛い目にあいそうですが、それでもこれくらいのツーリングは楽にこなせるのだなとわかったので、次回以降も積極的に走りにいけそうです。

ひさびさにツーリングに出てやっぱりいいなぁと実感しました。走ることも楽しいですがやはり冒険がいいですね。今回、ドローンを自宅に忘れてしまい悔しい思いをしましたので、次回こそは忘れず持っていくようにしようと思います。

ドローンで遊んでないので、次はドローンで遊べるようなところに行ってみてもいいかなぁなんて思います。