何処でもブログ更新するための方法

場所時間を問わないでブログを更新することができれば、もっとブログに注力できるのではと思いました。

必要なのはiPad miniだけ。

その環境が最強。

iPhone 12 miniでも更新作業事態は可能ですが、画面が小さすぎるかな。

作業環境と画面の大きさの狭間

最初の作業環境を考えるとiPhone12 miniと折りたたみキーボードの組み合わせが、最も軽量コンパクトになります。

しかし、iPhone 12 miniでは如何せん画面サイズが小さすぎて、作業環境として快適性が犠牲になっているように感じます。普通にスマホとして使う分には問題ないんですけどね。

ある程度の作業領域のない画面でないと、何かを書くたびにスクロールが必要になってしまったりするので、ここは妥協できませんよね。

iPad miniでの作業は快適か

ならばiPad miniでの作業は快適に行えるのか。

個人的にこれはギリギリ問題なく作業できるくらいの画面サイズだと感じました。

これ以上小さくなってしまうと画面が見にくいですし、何より無用なスクロールなどの手間が発生しそう。

そして、これ以上大きな画面だと、サコッシュなどの収納するときに邪魔になるでしょう。

ギリギリ快適、ギリギリカバンを選ばないサイズ感。

iPadはやはりminiが最強ですね。性能も申し分ないですし、軽量コンパクト、指紋認証。

そして、そのiPad miniでの作業を行う環境はWordPressのブロックエディターにしています。

MacBook AirであればMarsEditを使用しているので、オンライン環境のない場面でも作業ができます。しかし、現代においてネット環境のない場面はあまりありませんよね。

まぁ、書きやすいので、MacBook Airのみで作業が完結するのであれば、MarsEditを使用するのが今のところ最適解だと思いますが。

iPad miniでもMacBook Airでも作業できる環境となると、WordPressが一番使いやすいです。

メモアプリを使用することも可能ですが、どうせメモで書いた内容をWordPressにコピペすることを考えたら、最初からWordPressで書けばいいじゃん。

ブロックエディターでの更新は快適なのか

肝心のブロックエディターの書きごこちですが、かなり良いです。

確かに一部、MarsEditにあってブロックエディターにない機能というのが存在します。その機能を頻繁に使用していたのであれば、不便に感じることもあるかも。

ですが、個人的にブログを書くためのツールが全てブロックエディターについているため、快適に執筆できる印象を持っています。

このあたりは移行を始めた記事にも書きました。

気になる人はぜひ読んでみてください。

WordPressブロックエディターに移行しました。使い勝手と感じたこと

どこでもブログを書けることが更新しやすさに直結する 

ブログを書くことが楽しみになっているのであれば、ちょっとした時間にも書きたくなってくるのでは。

特に自分の時間というのがぶつ切りになりやすい、子育て中の人にとってはとても大切なこと。

ぼく自身子育て中でなかなか自宅でブログを書き続けることが難しいので、何かの隙間時間にすぐにでも書ける環境を考えるのがとても重要なこと。

また、ブログを収益化している人にとってもいつでも書ける環境というのは大切なことなはず。

アイディアを忘れる前に書くようにしている場合にもいいかな。

どこでも書ける環境を用意して、どんどんブログを更新していこうと思います。

参考になれば

ブログを書くために必要なことは何を書くのかということ。

いわゆる書くことがないなという状態を回避しなければいけませんよね。

そのために必要なことはインプットと言われています。

要は出せるだけ出したら、何かを入れないと出せるモノがないよねという状態。

個人的にさらに大切なのが、そのインプットの出し方。

そのアウトプットについて書かれた名著です。有名すぎる本ですが、まだ読んでいない方は一度読んでみることをおすすめします。

created by Rinker
¥1,436 (2021/06/15 16:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です