フェンダーの後ろ下がりを解決する僕なりのやり方

カスタムに終わりはありませんね

よりスクランブラーへとカスタムをしてもらったわけですが、完成した姿を眺めていると気になる部分が見つかりました。周りからも指摘されましたし、個人の感想ではなさそうです。なんとかして良くしたいと思い、さらなる深化カスタムを行うことに決めました。

気になるのはリアフェンダーの角度についてです。

リアフェンダーをあげたい

十分上がっていてカッコいいのですが、理想を言うとリアフェンダーの後端が現状少し下がっていますが、そこをまっすぐにして後方にスカッとさせたいわけです。そうしようとなるとリアサスの長さをなかなか長くしなければいけません。

アラゴスタのリアサスを使っていますので、車高を変更できます。調整で対応しようとしたのですが既にギリギリまで高くしている状態でした。ですが、そこで諦めてしまうとずっと気になるなと思ったので、もっと長いリアサスエンドアイをバイク工房グリーンティーさんで注文してもらいました。これでリアサスを長くすることで、フェンダーを高くできるはずです。

取り付けに関してはエンドアイを交換してもらう作業なのであっという間に終わりました。

対策後の姿

交換後ですが、写真だと伝わりにくいですね。実際に見ると写真以上に高くなっています。見た目だけの変化ではありますが、バイクの立ち姿というのはカッコいい方がいいですので、満足です。

後日談

後日、もう少し高くできないかなと思ってエンドアイをギリギリダメなところまで高くしてみました。するとセンタースタンドをかけるとリアタイヤが回らない状態になってしまって流石に笑いました。安定性抜群すぎてセンタースタンドが仕事できてなかったですね。

ただ、立ち姿はそれくらいの方がカッコいいんですね、難しいところです。リアサスペンションはエンドアイのかかりがエンドアイの太さよりも浅くなってしまうと危険です。アラゴスタはエンドアイが太いのでそこまで上げてしまうとかかりが甘くなってしまいますので安全上不可能です。幻の姿ですね〜。

リアサスの変化なので曲がり道を曲がる際に影響があるものだと考えていましたが、鈍感なのか気になるような変化はありませんでした。その頃、リアサスの減衰調整にハマっていたこともあって、様々な仕様に細かく乗っていたため、どれがエンドアイを伸ばした効果なのか分からなくなっていたことも原因だとは思いますが。

よくよく見ないとわからないような変更かもしれませんが、気になる部分を解消できて満足です。