外出先でも文字入力を快適にしたい 『折りたたみキーボード Ewin』 レビュー

好きなモノは何度でもレビューしたくなる

旅先でも文字入力がしたいしたいしたい

こんにちは文字入力というかタイピングがストレス解消になりつつあるつちふまずです。

ちょっとした外出でもHHKBを持っていこうとしていましたが何せサイズが大きめなのでカバンがちょっとした外出モードにならないわけです。

もっと気軽にお出かけしたい。

ちょっとした外出でも使いやすいキーボードはないものかなと思ったので探してみました。

外出先でも文字入力を快適にしたい 『折りたたみキーボード Ewin』 レビュー→クセはあるものの最高の旅に連れて行けるキーボード

この記事の結論は「クセになれることができれば小さく薄いから旅でも十分に使えるキーボード」です。

理由は文字キーの大きさが適切だし打鍵感もいい。折りたたみキーボードにしてはとても良くできていると思います。

さらにコンパクトなのでどこにでも、いつでも持ち運べる機動力があります。iPad miniとそう変わらないサイズなのでセットで持ち運ぶのに最適です。

クセのある部分はYキーが他よりも小さくなっていること、エンターキーが縦に大きくないことです。

特にエンターキーは文字を打つのであればかなり触るキーなので気になるところだと思います。

キーストロークはカタカタした感触

キーストロークはペチペチしたタイプではなくカタカタとしたタイプで文字入力を行うことが可能です。

ぼくは結構好きな感覚です。ペチペチしているタイプはどうにもタイプしている感覚が薄くて苦手です。

好きな打鍵感であればあるほど文字入力が楽しくなりますのでかなり重要なポイントです

iPad用Magic Keyboardに近いような感じで普段使用しているiPad Proの感覚に近い感覚で文字入力することができます。感覚が大きく異なると違和感があったりして打ちにくいですからね。

HHKBとは異なる感触なのでHHKBが好きな人にとっては浅くて打ちにくいと感じるかもしれません。個人的にHHKBくらいのキーストロークが好きなのですが、浅い感触も速く文字入力ができる感じがして嫌いではないので困る事はない感じでした。

HHKBは速く文字入力をするというよりはどちらかと言えば快感を感じる打鍵感が魅力なのかなと思います。

キーの大きさにクセがある

Ewinを使用する上で注意したいのがキー配置と大きさのクセです。

Yキーが他のキーに比べて半分くらいの大きさになっていること、エンターキーが横に少し大きいくらいのサイズなこと。

Yキーについては配置がおかしいわけではありませんので、そういうものだと理解して慣れさえすれば問題ないですが、エンターキーに関してはかなり慣れなければタイプミスをしてしまいます。

ぼくは未だに慣れなくてエンターを押しているつもりなのに文字キーを押していたりしてしまいます。

エンターキーは触る頻度の高いキーなので早く慣れなければ結構しんどい。

iPadがライブ変換に対応してくれたおかげで変換キーを触る頻度は下がりましたがエンターキーキーは確定させるのに使用しますのでかなり触ります。そのエンターキーの大きさはやっぱり大きい方がわかりやすくていいかななんて思います。

文字確定のたびに新たな文字が入力されてしまってそれを削除するのが一連の動作にならない前になんとかしないといけませんね。まぁ使い続けて慣れる以外はないのですが。

さらにエンターキーを上回る気になるポイントがCapキーです。Aキーの横なので通常のキーボードと同様なのですが大きさなのか配置なのか絶妙にいい場所にいますので押しやすいです。

Aキーを押したと思ったらCapキーだったなんてことも多いです。きちんとホームポジションを守って入力すればいいだけなんですが、ちょっと守れていない時なんかは間違いなく押してしまいます。押しやすい位置なんですよね〜。

気になる部分はこんなものでしょうか。気になる部分も慣れや技術でなんとでもなる部分ばかりなので気にしない人は全く気にしないと思います。

何より折りたたみキーボードでこの打鍵感と使いやすさを持っているモノは他にないのかなと思いますので気になる部分も目を瞑ってしまいます。

1度接続してしまえば開くだけで接続される

EwinはBluetooth接続してしまえが次回以降はキーボードを開くだけで接続されます。

どこかで作業をしようと思ったらiPad mini をスタンドに立ててEwinを開くだけで作業を開始することができます。作業開始までに儀式が増えるようなことがあると最初はいいのですが次第にそのモノ自体を使うのが億劫になり始めて結局使わなくなってしまいます。

いわゆる始める前の儀式的なモノをこだわりと捉えるかどうかな部分もあると思いますがぼくは面倒に感じるタイプ。

SR400のキックスタートくらいですかね、少し手間になっても大丈夫だと思えることというのは。

キーボードはいくらあっても楽しい

キーボードはただの文字入力端末ではありますが最近はBluetooth接続可能なモノが増えていて一つあればさまざまな機器に接続して使用することができます。

さらにノートパソコンであればキーボードは当然ついていますし、iPadにもMagic Keyboardが装着されました。

外付けキーボードは必要ないと思う方もいるかもしれませんがこれが本当は必要なモノだったりするんです。

文字入力端末はパソコンが変わっても使用することができますのでずっと使用していくことができます。パソコンはサポートの関係でずっと使っていくわけにもいきませんしね。

Ewinはぼくにとって持ち運びが容易な旅で使いたいキーボードになりました。

メインで使いたいキーボードはHHKB、iPad Proとの組み合わせはMagic Keyboardとありますが、それぞれに打鍵感の違いや特性の違いがあって面白いです。

今回レビューしたEwinはコンパクトながらちゃんと文字入力がしやすいキーボードでかなり貴重な存在。しばらくはEwin修行のためEwinで作業を行うようにしたいなと思います。

ただ使いたいだけとも言いますが。