FastNotionで忘れないうちにメモが取れる環境を構築する

Notionというアプリでブログの記事管理を行なっています。

かなりさまざまな方法で活用する事のできますし、人によってはライフログをとっている人もいるそう。

アプリ以外にもブラウザで操作することも可能で、Android、IOS、パソコンと使う場所を選びません。

ですが、一点気になるところがあって、それはメモを取る用途に使おうとしたときに工程が多くなりがちなこと。

そこを解決してくれるアプリを導入しましたので、記事にしました。

Fast Notionはかつてのファストエバーの代わりへ

今回導入したアプリはFast Notionというアプリ。

簡単にいうとNotionにメモを爆速で送ることができるアプリです。

以前、ファストエバーというエバーノートに爆速でメモを送るアプリを使っていましたが、最近はNotionをメインに使っているため、使わなくなっていました。

ですがこのファストエバー、メチャクチャ便利なアプリで思いついたことをそのまま忘れる前に書き留めることができます。手帳を出すとか、何かメモアプリを立ち上げるとか考えなくてよく、とにかく前提条件なしにメモを取れる機能性が良すぎた。

Notionにもそんなアプリないのかなと思って調べてみたところ、あるじゃないですか。Fast Notionというそのままの名前で。

メモを取る前提条件とは

なんでもそうですが、メモを取るためにはそのメモを取る場所を確保する必要があります。

メモアプリであれば、あたらしいメモスペースを作成する。手帳であれば新しいページを用意するなどですね。

この書くための場所を整える作業、ぼくにとっては長すぎる作業でして、その場所確保をしている間に書きたいことを忘れてしまう。

そういう前提条件を整える必要のないメモがぼくには必要だったわけです。

とにかく爆速でメモを取れるFast Notion

このアプリはAndroid、IOSのどちらにも対応しています。

このアプリでできることはただ一つ。メモを書くことだけ。ただそれだけです。

他には何もできません。いさぎよい。一応書いたメモをタスク形式に登録することもできますが、それもメモの一部かなと思います。

ですが、そのメモを取れることに特化しているおかげで、面倒なメモを書くためのスペース確保の時間がなくせてそこがいい。

Notionを活用していく上での問題点がなくなってしまうため、最高に便利に感じます。

気になる点は初期設定の面倒さ

初期設定は少し面倒に感じるかもしれません。とはいえそこまで工数が多いとかではなく、スマホのアプリですが、設定を行うにはパソコンが必要になります。

Notionでメモを保存するスペースを確保しておいて、そのスペースのURLをブラウザで検索して、Fast Notionに保存する必要があります。

さらに、アカウントトークンを確認してそれも保存する必要があります。

工程的にはそこまで面倒ではありませんが、見慣れない画面を読み解く必要があるので、そこを手間に感じるかも。

そこさえ越えられれば快適すぎるメモライフが待っているので、サクッとやり方を検索して、サクッと設定してしまいましょう。

そこまで難しい作業ではないですし、本当にサクッと終わりますので。

メモを取るということ

ぼくはとにかくメモを取れないと困ります。

というのも、思いついたことを頭に定着しておくことが困難で、何かに書き留めないとすぐに忘れてしまうから。

多かれ少なかれ人はそういう生き物ではありますが、その中でも忘れっぽい方だと自覚していますので、対策が必要なわけです。

今はNotionがぼくにとっての第二の脳。

その脳への記録が何かと手間がかかってその間に忘れてしまっては意味がない。

思いついたその瞬間にメモを取るためには、スマホにそうできる仕組みを構築する必要があります。今回のFast Notionはそういう意味で理想的。

このアプリを見つけられたのはラッキーでした。活用しますよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です