GoPro Hero9を購入。今年は動画にも挑戦していきたい

最近始めた動画撮影。子どもの姿を動画で残していきたいと思って始めました。

知識ゼロの状態から手探りで勉強しつつ取り組んだおかげもあって、動画編集に関する知識がそこそこついてきました。

このせっかく身につけた知識をなにかに活用できないかなと考えて、そうだバイクの走行動画も撮ってみようと思いついて実行することに。

しかし、X-T4が以下に軽量コンパクトとはいえ、バイクでの走行動画を撮影できるようなタイプのモノではありません。なので、こういった時に便利なのはやはりGoProだろうと思って購入することにしました。

GoPro Hero9

DSCF0227

DSCF0229GoPro Hero9は現在のところGoProの最新作。機能面も充実していて、更に追加でレンズやマイクのモジュールも販売されています。今回は一緒にMaxレンズモジュールも購入しました。

手ブレを抑えるスムーズモードなどの機能に加えて、水平維持機能が付いているなど、なかなか意欲的なGoProで、何より各種機能がバイクに向いているように思いました。

特に水平維持機能は画期的で、GoPro本体を360°回転させて撮影されている映像はまっすぐ前を撮影しているというモノ。どうやったらそんなことになるのだろう。

手ブレ補正が最強

ぼくが以前に持っていたGoProは手ブレ補正が付いていないモデルだったので、今回のGopro Hero9の手ブレ補正はかなり便利に感じました。

ジンバルがいらないのは荷物が軽量化できていいですね。

バックパックの肩紐にPOVさせて撮影してもガタガタしていない綺麗な動画を撮影できますし、以前に比べるとすごい進化です。

これだけの手ブレ補正があるのであれば、ガンガン手持ち撮影がしていけると思います。

vlogに関するぼくの考え方

Vlogの形態は様々だと思いますが、個人的に良くも悪くも常に撮影していてそれを編集しているタイプのモノが好きです。

散歩している様子の動画だったり、日々のライフログ的に撮影しているタイプのモノだったり。

ぼくが同じようにVlogを撮影するのであれば、常にGopro Hero9をもって意味なんて考えずにとりあえず撮影するスタイルが楽しそうと思います。

もちろんX-T4を使用してシネマティックな撮影もしていきたいですが、Vlogという観点から見るとそっちかなと。

そういう意味でもGopro Hero9は買うことで日々が面白くなるかなと思います。

Maxレンズと組み合わせてVlog・モトブログ最強装備

DSCF0226 今回同時購入したMaxレンズモジュラー。

本当は購入する予定になかったのですが、通常レンズだと水平維持機能を使用する際、画角がかなり狭くなることが分かりましたので、急遽購入することを決めました。

特にバイクに乗る際に使用するなら水平維持機能はほしいなっと思っていたので、画角が狭くなるのはちょっと気になります。せっかくツーリングの動画を撮るなら手元だけじゃなくて風景も収めて撮影したいですからね。

水平維持機能を使用すれば風景が傾かず、バイクだけが傾くような映像が取れるかなぁと思ったりして、早く撮影できる日が来ないかなと楽しみにしています。

X-T4で撮影できない部分をGoProで補う

DSCF0228息をするように撮影していきたい。

ミラーレスとはいえカメラをカバンに常に持ち歩くことに限界を感じていましたので、GoProのサイズ感が完璧です。

X-T4を軸に考えて、X-T4では撮影することが難しい部分をGopro Hero9が補うような感じで運用できたら最高だなと思います。

後は、子どもと出かける時に荷物をあまり持っていけないときでも、Gopro Hero9なら持っていける
はず。

これからの動画撮影が非常に楽しみになってきました。

 

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥55,600 (2021/07/24 23:40:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です