いつまでも打ち続けたくなる『HHKB HYBRID Type-s』 レビュー

バイクのブログを運営しているはずなのにあまりにも感動したのでキーボードの話です。

以前からノートパソコンのキーボードが使いにくいように感じていました。ノートパソコンが薄くなる過程でどうしてもキーボードも薄くなっているのかどうも打鍵感が悪いように思います。パチパチ入力するのも悪くはないですが、キーボード入力のする際にどうも違和感が拭えない感じです。そんななか職場のPCが薄いキーボードのPCに変更されてしまってこれはもうどうにかしないといけないと思いました。

ブログの記事を作るのにも仕事にも使用するわけですし、ちょっといいキーボードにしようと思ったわけです。

探してたどり着いたのキーボード

そんななかふとしたときに見つけたネット記事に「HHKB HYBIRD Type-s」が発売されましたと書いてありました。よくよく調べていくとエンジニアの方や長文を書いているブロガーの方などの愛用キーボードのようです。さぞ使いやすいだろうと思って値段を見ると3万円を超えています。キーボードに3万円はなかなか贅沢な話だなぁと思いましたが調べれば調べるほど一度触ってみたい気持ちになります。

毎日の仕事にも使用するわけですし、そもそも新しいPCのキーボードに慣れられる気がしないですし、何よりもう気になって仕方ないので購入することにしました。

ですのでこの記事はもちろん「HHKB HYBIRD Type-s」で作成しています。

一度使うと抜け出せないキーボード

 

購入してからまだ一週間も経っていませんがなんとなく使用感がわかりました。日数こそたっていませんがこれはすごくいい物だと感じます。深いキーストロークと静電容量無接点方式により筆に負担がかかりにくいと色々なサイトを検索して見ましたが、たしかに深いストロークです。かなり有名なキーボードのようで、全世界にファンがいるとのことですがわずか数日で理解できました。これはずっと使い続けたいと思わせる魅力に溢れています。

今回選んだタイプはBluetooth接続とUSB-C接続に対応しており、さらに静音性が高く高速タイピングのために以前のものにくらべキーストロークが浅くなっているモデルです。

 

Bluetooth接続可能

初めてBluetooth接続のキーボードを使った訳ですが、快適そのものですね。全くラグを感じませんしどこにいても文字を入力できますので、職場のPCの前にキーボードを置いて仕事ができます。傍目から見るとキーボードの前にキーボードを置いて仕事しているので、何してるのだろうと思われるかもしれませんね。僕の場合は普段から職場に色々なものを持ち込んで仕事を快適に行おうとしていましたのでなんだいつものことかくらいの職場の雰囲気でした。

Bluetooth接続が設定で 4台まで登録可能でして、あらかじめ登録しておくことでキー操作で簡単に接続できます。職場のPCからiPadに接続を変更するのも即座にできますので、iPadにスマートキーボードもつけていますが、キーボードはこれひとつでいいんじゃないかと思います。自宅に帰れば自宅PCと接続できますし、iPhoneはキーボードをそこまで必要と思ったことがないので接続していませんが可能ではありますので、接続してしまえば身の回りの機器のキーボードがこれ一つにできますね。

当初の想定では職場のみで使う予定だったのに毎日持ち歩くことを前提に動きを考えている自分に驚きました。

今のところ使用はしていないですが、有線接続も可能ですのでBluetooth接続に対応していないであるとか、自宅で使用する際は有線でいいかな〜という場合にも対応できています。

乾電池で動く

少し意外だったのは無線接続の際のバッテリーが乾電池だったことでしょうか。これはバッテリー内蔵の物だと劣化してしまうためあえてこのようにしているとのこと。たしかにバッテリーで困るよりは比較的簡単に手に入る乾電池の方が出先でも安心して使うことができそうです。

 

このキーボードなら仕事も楽しいかも

とにかく打ち心地が快感を感じるレベルでいいです。コトコトコトとという打鍵音がカチャカチャとかパチパチとなるキーボードと違い、頭の中にある文章を邪魔しないような気がします。邪魔しないどころかこのコトコトした打鍵感を知ってしまうとその打鍵感のために長文を考えて打ちたくなるようになります。現に今も無駄に色んな文章を入力しています。もはや中毒性のあるキーボードと言っても過言ではないです。

頭で考えている文章が自然と入力できるような、ずっとタイピングしていたいと思うようなキーボードは初めてです。これでいいんだよなぁ。

打鍵感もとてもよく、耐久力も良いようなので、これから先はタイピングするのが楽しみになるような仕事暮らしができそうです。特に耐久力に関しては期待しているところです。何せ3万円超にキーボードなのですぐに壊れてしまっては泣いてしまいます。日々の持ち歩きも考慮すれば、ずっと使えるくらいならうれしいなぁと思いますが、どうでしょうか。

深いストロークについてですが、最初こそ今までの薄いキーボードに慣れていたので違和感を感じましたが、すぐに慣れました。もはや通常のキーボードでは違和感を感じるレベルまで慣れましたので、これなしでは文章が打てないんじゃないかと心配になります。

日本語配列にしましたので、矢印もついてますしキーの数が少なくて使いにくいといったことは思いません。ただ、Fnキーを使ったショートカットが多く設定されているキーボードですので、覚える方のが大変かもしれません。

キーボードを毎日持ち歩く

あまりにもこの打鍵感を気に入りまして、ここのところ毎日キーボードを鞄に入れて通勤しています。そこで気になるのが重量ですが、乾電池を入れても580g程度なので、ペットボトルのお茶をもう一本持ち歩いていると思えばまぁ、といった感じでしょうか。よく考えれば正気の沙汰じゃないですね、ただ文字を入力するためだけに毎日ペットボトル分の重量を持って歩くっていうのは。持ち運ぶことを考えられているキーボードと違い、このキーボードはかさばります。はっきり言って鞄の中で結構邪魔だと思います。それでもこの中毒性のある打鍵感はそれだけの苦労をしてでも得たいと思えるほど素晴らしいです。楽しく文章を入力できている現状を思えばちょっとくらい重たいな〜と思っても運んでしまいますね。何よりそれで毎日の仕事が楽しいものになるのであれば体力を消費する価値があるというものです。

毎日の文字入力に革命を起こすキーボード

 

毎日仕事で大量の文章をタイピングする人であれば、一度どこかで触ってみて欲しいなと思うようなキーボードHHKB HYBIRD Type-s。打てば打つほど離れられないなと感じるこの感覚を文字で表現するのは難しいですが、バイクブログにわざわざこんな記事ぶち込んでくる時点で執筆者の狂気を感じてもらえるかなぁと思います。

それくらい病みつきになる魅力に溢れていて、取り憑かれてしまいました。

正直、ノートパソコンならキーボードなんてついているものだし、正気の沙汰とは思えない買い物かもしれませんが、仕事がたるいなぁとか書きものするのめんどくさいなぁと感じている人ほど試して日々に革命を起こして欲しいな〜と思います。

これはいいものだ!