快適なヘルメットはフルフェイスだけじゃない 『SHOEI J-FORCEⅣ』 レビュー

SHOEI J-FORCEⅣ

最初のヘルメットはジェットヘルメットだったんですが、それ以降はフルフェイス、システムヘルメットばかりを使用してきました。特に理由はないのですが、安全な方がいいよね〜と思ってのことだと。

実際、安全ですしフルフェイスタイプのヘルメットは日差しの影響も寒い時期の風の影響も少なくしてくれて快適なんです。

そんなことを思っているのですが、いかんせんめがねっこなので、ヘルメットをかぶる前に眼鏡を外してヘルメットをかぶって眼鏡を差し込む。脱ぐ時は眼鏡を取って、ヘルメットを脱いで眼鏡をかける。

大した手間ではないです。ないですが、毎度のことになるとかなりのストレスになります。個人的に。

カブ用にJ.Oを買ったのですが、使ってみて眼鏡を外さなくてもヘルメットがかぶれる!と衝撃を受けまして、これはSR用にもジェットヘルメットが欲しいなとなりました。

ただ、高速道路を走ったりするし、それなりに使いやすいほうがいいので色々と探した結果、ショウエイ JフォースⅣにしました。


快適な訳のあるヘルメット

走ってみると、驚くほど静かなヘルメットでした。昔かぶっていたジェットヘルメットは風切り音がすごくて、巻き込む風の勢いも激しくて快適とは言い難かったんですが、このヘルメットは静かです。

からに高速道路でも頭が振られることもないので、安心して乗っていられます。

シールドに返しのような部分があります。ここで風を防いで巻き込まないようにしているようです。すごく考えられていると思いました。その発想はなかった的な。

この返しがヘルメットの快適性を高めているのだと思います。

ベンチレーション

ベンチレーションは普通でしょうか?あまり風の抜けている感がわからない鈍感な頭をしているので、よくわかりませんでした。

同じショウエイのEX-ZEROが口元にのみベンチレーションがあるタイプなので、EX-ZEROよりは涼しいのは確実なんですが。今は外も暑いですからね〜。よくわからないです!

インカムとの相性

インカムの音声もはっきり聞こえます。ちゃんとここにインカムのスピーカーセットするんですよと言わんばかりのスペースが用意されていますので、迷うことはないですね。日本のこういう気遣いはありがたい。

風切り音が小さいので、快適にツーリングと音楽を楽しめますし、音楽を流していない時もエンジンの頑張っている音が聞こえるので、飽きません。


何年ぶりかのジェットヘルメットが進化しすぎていて、驚きました。快適、の一言です。カッコいいかと言われると、フルフェイスの方が僕はカッコいいと思いますけど、快適性はジェットの方がいいと感じました。

まぁ、快適でもないし、めがねっこに優しくないEX-ZEROのが好きなんですが、マスツーリングなんかの時はジェットの方がいいかもな〜と思いました。