iPadでブログ更新が快適な理由

こんにちは、iPadPro12.9インチ(2018)で毎日快適にブログを書いています。

なかなか文章はうまく書けるようになりませんが、iPadでのブログ更新が快適に行えるような環境が整いました。

わざわざiPadで更新するのってめんどくさくないの。パソコンで良くない?

iPadで便利にブログ更新できるの?

こういったことに回答します。

iPadを使ったブログ更新について書きました。

iPadでブログ更新が快適な理由→Apple Pencilの作業性が高いためパソコンよりも快適に作業ができる

この記事の結論は「Apple Pencilを駆使して写真編集、アイキャッチ画像作成がやりやすく、ブログ更新環境して最適解」です。

理由はApple Pencilがかなり優秀なデバイスなため、画像処理やアイキャッチ画像作成など、文章以外の作業がパソコンよりも快適に作業できるためです。

肝心の文章については外付けキーボードが必須だと考えますので、ノートパソコンの方が いい面もあります。

 

ただ、外付けキーボードを使った方が気持ちよく作業できますのでノートパソコンであってもぼくは外付けキーボード使用をおすすめします。

中でもHHKBはやはり別格なので文章を書く機会の多い人ほど導入して欲しいモノです

いつまでも打ち続けたくなる『HHKB HYBRID Type-s』 レビュー

この記事では

この記事で紹介すること
  • ブログ更新で使用しているアプリ
  • 写真編集で使用するアプリ
  • iPadでブログ更新をするために必要なモノ

について詳しく考えています。

ブログ更新で使用しているアプリ→Ulyssesを使っています。

ぼくのブログはUlyssesというテキストエディッターを使用して作成しています。

 

Ulyssesをワードプレスの自分のブログに接続しているのでUlyssesで記事の投稿まで行うことができます。

画像を記事に入れることができるため、ほとんどの作業がこのアプリで完結します。

 

最大の特長は文字を書く作業に特化したデザイン。

余計な情報が全くないので集中して記事を書くことが可能です。

 

書き始めると音楽をかけることすらしないで黙々と書けるほど書くということに特化したデザイン。

 

HHKBとiPadを使って文章を入力することだけに集中する時間がぼくの最大の楽しみになったくらいです。

 

とはいえぼくは元々文章を書くのはすごく苦手なので、毎回準備をたくさんしてからUlyssesで書き始めるようにしています。

 

準備をしないで書き始めると1つの記事を書き終えるまでに何時間もかかってしまいます。

何事も設計図は大事ですよね。

写真編集で使用するアプリ→写真編集はLightroom、アイキャッチ画像はAffinity designer

写真編集・現像はLightroomを使用しています。

 

Lightroomのいいところはなんといっても操作の分かりやすさです。

様々な写真編集・現像ソフトを試してきましたが、最終的にやはり Lightroomが最強だなと落ち着きました。

 

iPadで操作する方が直感的で快適に現像作業ができるため気に入っています。

パソコンも違和感はないのですが、マウスで操作するのは若干難しいなと感じます。

 

それ専用のガジェットもクラウドファンディングで出ていたのですが、そこまで現像作業行うかなと考えてしまって結局手を出しませんでした。

今思うと買っておけばよかったかなと後悔してたりします。

 

アイキャッチ画像はAffinity designerを使用しています。

Affinity designerは少々クセのあるアプリではありますが、良く使い方を理解できればかなり便利です。

Affinity Photoというアプリもあって、いわゆるIllustratorとPhotoshopのような感じですよ。

うまく使えば様々な表現を作成することが可能です。

 

今までぼくはアイキャッチ画像にこだわりはなかったのですが、いちげ氏という人のアイキャッチデザインをネットで見て、すごくいいなぁと感じたことがきっかけでアイキャッチ画像にこだわろうと決めました。

そのためぼくのアイキャッチ画像はいちげ氏の影響を強く受けています。

とはいえ勝手に見て勉強させていただいているだけなのですが。

 

パッと見て伝わるようなアイキャッチ画像になっているといいなと思います。

 

その作業をAffinity designerは十分こなしてくれるため、かなり重宝しているアプリです。

iPadでブログ更新するために必要なモノ→キーボードです

iPadでブログ更新するために必要なモノはキーボードです。

 

何はなくてもキーボードは必須ですよ。

iPadのソフトウェアキーボードは画面の半分をキーボードで埋めてしまって作業効率が否応なしに低下します。

フローティングキーボードにする事でかなりマシになりますが、それでも外部キーボード導入に比較すると効率は悪いと思います。

フリック入力を高速で出来る人はもしかするとフローティングキーボードの方が入力が早いかもしれませんが。

ぼくはそこまで高速フリック入力はできませんので、やはりキーボードが快適。

 

スマートキーボードを使用すればiPadケース代わりに使えますし、少々重たくなりますがカバンの中で幅をきかせるようなことはないでしょう。

 

他のキーボードであれば本ブログ一押しのHHKBを使用すれば文章を入力する時間が至福の時間になりますよ。

ずっと入力作業をしていたい。

最近はHHKBに触れない日が無いほど愛用していますので、触れない日が出てくるともしかすると禁断症状が出るんじゃないかと心配になるほど。

 

あぁ、本当にいいモノです。

 

他にもApple Pencilはあった方がいいかと思います。

様々な作業のポインタとしても使えますし、画像に文字入れも容易に実行することができるようになります。

 

Apple Pencilに関しては仕事に活用する術もありますので、持っていて損のないガジェットですよ。

 

ノートパソコンであればキーボードは本体についていますので、新たに購入しなくてもいいです。

そういった面ではやはりノートパソコンの方がブログ更新で有利なのかもしれませんね。

 

ですが、自分の好きなキーボードを画面の前における面ではiPadの方がやりやすいですよ。

キーボードの上にキーボードを置くスタイルもなくはないですが、特殊な方法だと思います。

尊師スタイルというやつですね。

作業の楽しさを追求するならiPadが良い

確かにiPadでできることはパソコンであれば同じように作業できるでしょう。

しかし、iPadでパソコンと同じように作業ができるという事実がかなり大事で、それはつまりiPadとパソコンの境目がなくなって来ているということですよね。

そうであればApple Pencilを駆使して楽しく作業できた方がいいのではと思います。

 

iPadProであれば簡単な作業のみにとどまらず、動画編集もこなすことができます。

下手なパソコンよりも高性能、ですね。

本ブログも100%iPadで全ての作業を完結させています。

iPadでブログ、おすすめですよ。