Ipad miniにMOFT-Xが便利なのでおすすめしたい

iPad miniをより便利に使いこなすために

pixel3aにも貼り付けているMOFT-X

こんにちは、pixel3aにMOFT-Xを貼り付けて運用しています。

スタンドとしてかなり優秀で縦横どちらにも対応していますし何より薄いので違和感なく今まで通りの使い心地が確保できるMOFT-X。

このMOFT-Xにはタブレット版が存在しています。

iPad miniとの相性もいいだろうと思いましたので、実際に試してみることにしました。

iPad miniとの相性はかなりいい

この記事の結論は「iPad miniとMOFT-Xの相性はかなりいい」です。

iPad miniは手に持ってもさほど気になるのでような重量ではありませんが、動画視聴は手で支えて見るよりはフリーで見たほうが楽ですよね。長時間端末を持ちながら見るのはいくらiPad miniが軽量とはいえしんどい。

MOFT-Xであれば縦画面、横画面どちらにも対応していますのであらゆる態勢での動画視聴に対応してくれます。

MOFT-Xタブレット版は大きさの種類がある点に注意

MOFT-Xにはタブレット通常版とmini版が存在します。

iPad miniに使用できるのはMOFT-Xのタブレットmini版です。

通常版はiPad mini本体よりも大きいので使用することは不可能ですので注意してください。

smart coverとMOFT-Xの相性

単体でMOFT-Xを運用するのであれば気になるsmart coverとの相性です。何せsmart coverにも簡易ではありますがスタンド機能は付いていますし、液晶面の保護という意味でも装着しておきたいところです。

結果としては「MOFT-X使用時にはsmart coverは外しておいた方がいい」です。

まず前提としてsmart coverとMOFT-Xは同時装着が可能です。

ただ、iPad miniを使用する際カバーはiPad mini本体の背面に回しますがそこにMOFT-Xがあるのでスタンドしようとするとカバーが邪魔になります。

なのでMOFT-Xでスタンド機能を使用する際はsmart coverは外しておいた方が使い勝手はいいです。外すと言ってもマグネット的にくっついているだけなので簡単に外すことができますし。

MOFT-Xの便利なポイント3点

MOFT-Xについて
  • MOFT-Xタブレット版は高さ調節が6パターンある
  • Apple PencilがマグネットでMOFT-Xにくっつく
  • MOFT-Xはバンカーリングのように手に持つことをサポートしてくれる

MOFT-Xタブレット版は高さ調節が6パターンある

MOFT-Xタブレット版であれば縦向きに3パターン

横向きに3パターン

最も傾斜のあるパターン

中間のパターン

最も緩やかなパターン

の計6パターンの高さで使用することが可能になります。

6パターンあれば自分に適した角度も見つかると思いますよ。

個人的に便利なのは横向きの角度が変更出来ることです。

smart coverは横向きかつ一定の角度での使用になりますので、横向きだけでも3パターンあると使用環境に応じて調整できるので便利。

Apple PencilがマグネットでMOFT-Xにくっつく

Apple Pencilをケースにしまう人も多いですがぼくは思い立った時に即座に使えないとダメなタイプ。ケースから抜き出して書くという動作のケースから出す動きが無駄に感じてしまいます。

iPad ProはApple Pencil第二世代に対応しているので本体にくっついていてかつ充電もしてくれます。最高です。

iPad miniはApple Pencil第一世代対応なので本体にくっつくような機能はありませんし、充電の際は賛否分かれるiPadのlightningにぶっさす必要があります。

充電方式については別途ペンシルスタンドを購入しましたので解決していますが、本体にくっついてかつケース入れない保管方法を考えて、ぼくはApple Pencilにマグネットつきのグリップを装着することにしました。

MOFT-Xはマグネットをくっつける機能がありますので、このグリップを装着していればApple PencilがiPad mini本体にくっつきます。

もちろんsmart coverもマグネットに対応していますので、普段はカバーにくっつけておいて、カバーを外して運用する時は背面にくっつけておくなんてことも可能になります。

すぐに書き始められるし書き終わったらパチっとくっつけておけば紛失の心配もありません。

MOFT-Xはバンカーリングのように手に持つことをサポートしてくれる

MOFT-Xは薄い形状ですがスタンド機能のほかにもバンカーリング的に手に持つことをさポーチしてくれる機能がついています。

スタンド状態にする途中の状態にしておくと輪っかのような形になって、指の背もたれのようになります。落としてしまうリスクを減らしてくれますので、手に持って使用する時におすすめです。

iPadを落としてしまうと泣いてしまいますので、転ばぬさきの杖的にガシガシ使っています。手に持つ時の力が少なくても大丈夫になるのでかなり快適ですよ。

iPad miniの機動性を確実に高めたい

小さくて高性能なガシガシ使っていきたいiPad mini。その最大の長所は使うシーンを選ばないことです。

その長所をMOFT-Xを装着することでさらに伸ばすことができます。

さらにカバンのサイズを限定しないので余程小さなカバンでないのなら出先にも負担なく持って出れますし、自宅でネットサーフィンするにはiPad miniが最も使いやすいモノだなと感じます。

ベッドに入って眠たくなるまでのんびり読書をするのにもiPad miniは付き合ってくれますので、もはやいつ充電したらいいのかわからないほど愛用しています。

MOFT-Xで高められた機動力でiPad miniは最強のモノになりました。

一緒に旅に出る端末の第一候補になりそうです。