iPadmini長期使用レビュー 軽い小さい使いやすいの最強端末だった件

使えば使うほど手になじむ感覚を持った不思議な端末iPad mini。

iPad Pro12.9インチは大きい重たい性能抜群

この記事はぼくが感じていたiPad miniの不思議な魅力をぶちまけています。

現状最強端末の一角かもしれないと思っていますのでその理由について書きました。

僕のメイン端末構成はiPad Pro 12.9インチ + Magic Keyboardn組み合わせ。

もちろん仕事にもプライベートにも毎日使用していますがやはり重たい。

性能は間違いなく抜群に良いしMagic Keyboardの使用感もiPadをPCと戦えるステージまで持ってきてくれている優れモノ。

そうなのですがそれにしたって重い端末は肩や肩甲骨に深刻なダメージを与えてきて辛い。

季節的にもあまり重たいモノは持ち運びたくない感じ。

そこで軽いサコッシュなんかでささっと出かけたいわけです。

そこで活躍するしてくれるのがiPad mini。

とはいえiPad miniの活躍する場面は軽い荷物で出かけたい時だけにとどまらないですよ。

iPad miniを購入して以来iPad miniでするようになったこと

iPad miniでしていること
  • Kindleでの読書
  • 動画鑑賞
  • ネットサーフィン
  • SNS
  • 自宅の手持ち端末
  • Apple Pencilで素案作り
  • 電車での読書・ネットサーフィン
  • 旅先でのマップ検索
  • 出先でのブログ記事更新作業
  • 旅先での写真編集
  • 会議内容の書き取り

今までスマホでしていたことは大抵iPad miniで行うようになりました。

僕はWifiモデルを購入したのですがここまで便利に使用するようになるのであればセルラーモデルにしてもよかったのかなと少し後悔しています。

なのでもし新型が発売されたら今度はセルラーモデルで購入しようかと思います。

まぁ現状でもテザリングがあるので困ることはほぼないとのですが。

サイズ感もとてもよく大抵のカバンに問題なく収まるはず。

そのため常に持ち歩いていたくなるのも魅力の一つ。

その中でも特に便利に感じている部分について詳しく書いていきます。

どこでも持って行きやすい

ちょうどいいサイズ感でどこでも持って行きやすい。

カバンを選ばないことももちろんですが、手に持ってもちょうどいいサイズなため電車内でも待ち時間にもささっと使用する事ができるのが最高。

最近は作業予定があったとしてもiPad ProではなくiPad miniで出かけようかなと考えることも増えました。

カバンを選ばずに出かけられるのが本当に最高。

電車に乗っている間に購入リストを作成しておいて自宅に帰ってから家族で検討するなど常に生活と共にある端末になりました。

自宅で使いやすい

当初の感覚では外出でちょっと作業するか読書をするくらいで使用するかなといった感じでしたが、使い込むほどに自宅で使うのにかなり最強な端末だなと感じるようになりました。

というのも自宅でネットサーフィンする時はソファに座ってかダラダラと寝転んでするわけです。

pixelの画面でも十分快適ですがiPad miniの画面の方が大きな画面でスマホですることの全てができるわけです。

動画視聴にしたってiPad miniの画面の方が大きくていいですし、片手で持ち運べるサイズなので持っていて疲れるなと感じることがないためソファやベッド、リビングの椅子など自宅内の様々なシーンに置いて最も使用する

爆速でネットサーフィンが最高

iPad miniとSmoozの組み合わせが神がかっているので、日々の情報検索は全てiPad miniで行うと爆速で検索する事が可能。

場所を問わないiPad miniで次々タブを開きながらおもむくままにネットサーフィンができる。

最高すぎてずっと検索していたい。

Apple Pencilが最高に使いやすい

何が考える時の相棒にiPad miniが最高に適しています。

理由はApple Pencilが最高に使いやすいから。

主に考えを殴り書きしていってそこからアイデアを拾っていくことをする時にiPad miniが最高に使いやすい。

アイデアの種を思いついた時に場所を問わずササっとノートアプリに書きつけておいて落ち着いた時にもっと深掘りしていくようにしていると日々の思考を無駄にせずに済みます。

ぼくはブログのことについて使う事が多いですが、別にブログに限らずアイデア勝負な仕事をされている場合はセットで持っておくと捗るんじゃないかと思います。

考える力を鍛える際は思いついたことがどんなことであれ一旦検討しておくようにすると自分の考えを否定するような思考がなくなっていくそうで、否定されることがなくなった脳がどんどんアイデアを出してくれるそうです。

そのためにもiPad miniとApple Pencilは常に持ち歩きたいところです。

旅先でも最強端末

旅先でiPad miniを使う場面はマップ検索をしている時ではないでしょうか。

ここのお店いいかもしれないと一緒に旅行している人に見せる際もiPad miniくらいのサイズの方がスマホよりも見せやすいです。

iPad Proの方が画面サイズは大きいですがマップを一緒に見るくらいであれば少しサイズが大きすぎて大仰なイメージ。

iPad miniと比較すると重たいこともありますしね、iPad miniが最強。

一人旅の時はiPad mini片手にぶらぶらしています。

ネットで調べたお店にマップを駆使して向かうのがスマホよりも大きな画面で楽々。

カフェであればそもままiPad miniでのんびり読書なんかも悪くないですね。

とはいえiPad Proも毎日持ち歩いている

仕事をする端末としてみた時にiPad Proはやはり最強の端末。

休日は使う予定がはっきりとある場合しか持ち歩く事はありませんが仕事に行く日に関しては毎日iPad Proを持ち歩いています。

仕事をするという事についてはiPad Pro + Magic Keyboardの組み合わせが最強ですので。

そのためiPad ProとiPad miniが常にカバンに入っているような状態ですね。

2つ持っていても意外と重たくないのでいいのですが今後ここに何か端末を追加するような事があったら何かを自宅に置いてくる必要がありそうです。

休日に大きいカバンは持ち歩きたくないからiPad miniが小さいカバンに最適

休日は大きなカバンではなく小さなカバンで過ごしたい。

iPad miniは休日の外出であればほぼ間違いなく持ち出しています。

バイクでツーリングに行く時ですら持っていきますので本当に休日は常に持っている端末ですね。

サイズがどんなカバンにでも入れておけるので持ち出すことに抵抗がないのが大きな理由。

あとはどこでも作業できる環境があれば安心して出かけられる保険みたいな感覚でしょうか。

思いついた事はいつでもどこでもとりあえず形にしておきたい。

特にツーリング中はいろんな事を思いつきやすいような気がするのですぐに書いておける環境がどうしても欲しいところです。

iPad miniであればどんな環境でも作業できるのでやはり最強端末だと思うわけです。

スマホでできることはiPad miniで全てできる

iPadは大きなスマホと言われていたこともありましたが今や完全に別の端末に進化しています。

ただスマホにできる事はiPadで全てできるのでそういう意味ではiPadの方ができることの幅は広いでしょう。

ただ、あまり大きいサイズだと手持ちでの使用は難しいですし気軽に持ち出すこともなかなかできません。

iPad miniであればサイズの問題はありませんし片手で持てるくらいのサイズ感なのでちょうどいいのではと思います。

最高の相棒になりうるiPad mini。

来年には新型の噂もありますしちょっと奮発して使い始めてみてはいかがでしょうか。