iPadでキーボードを使うなら覚えたいショートカット

こんにちは、iPad用Magic Keyboardかなり便利に感じています。

打鍵感もかなりいいですし、HHKBなしでも快適に文字入力できるようになってきました。とはいえやはりここぞという時にはHHKBを出してきて入力していますが。

MacbookであればAlfredなどのアプリがあってキーボードショートカットがかなり便利に使える環境が整っていますよね。

実際ぼくもMacbookをなにかの作業で使用する時にやっぱりPCは便利だなと感じます。Alfredが便利という話ではありますが。

iPadでキーボードショートカットなんてあるの?

使うと何か便利なの?

この声に回答しました。

Padでキーボードを使うのであれば覚えたいショートカットについて書いています。

キーボードから手を離さずに次々作業を行うために必須のモノだけに焦点を当てましたので是非読んでみてください。

iPadでキーボードを使うなら覚えたいショートカット→Spotlightだけでも使いこなしたい

この記事の結論は「iPadでMagic KeyboardやSmart Keyboardを使っているなら覚えた方が確実に良い」です。

理由はSpotlightを使えるようになるだけで作業速度が段違いに変わるからです。キーボードで2、3回キーを押すだけでアプリを起動してすぐに作業に入れるのでカーソルで選択する時に比べるとかなり速く作業できます。

MacであればAlfredがあってショートカット以外にもできる事がたくさんあるので、便利なのですがiPadには1つでそれをまかなえるようなアプリはありません。

なのでSpotlight一択になるわけですが、このSpotlightがかなり使いやすい。

便利に使うために
  • Spotlightだけでも覚えたい
  • Safariのバックグラウンドでページ読み込みが便利
  • 他のショートカットも便利なので⌘キーで確認する方法を覚える

これらについて深掘りしていきます。

Spotlightだけでも覚えたい

⌘+スペースキーで起動する検索機能。ホーム画面を2本指で下にスワイプしても起動しますよ。

iPadのアプリや情報を検索する事ができます。例えばSafariであればsaくらいまで入力すれば立ち上げる事ができます。名前の近いアプリがいくつかあると別ですが。

この機能がどのように作業効率を高めてくれるのかですが、キーボードから手を離して画面を選択するのは1度キーボードから手を離さなければいけない、トラックパッドを使ってカーソルを動かして選択するのはカーソルがアプリに合うまで待たなければならないとどちらも作業を中断しなければいけません。これが地味に集中力を奪います。

全ての作業をキーボードで完結できれば常にキーボードを操作していれば作業は常に淀みなく続けていく事が可能になります。

Spotlightのいいところは起動したいアプリの先頭1,2文字程度入力すれば該当のアプリを起動する事が可能なところ。これが完全一致しなければ起動しないのであれば何の役にも立たないですが1文字でも起動させる事ができるので爆速でアプリを立ち上げらてかなり便利。

カーソルや指でアプリを選択することを遅いと感じるかどうかに関わりますが、騙されたと思ってしばらくキーボードショートカットで起動するようにしてみてほしいです。カーソルや指での選択に無駄な部分があるかもしれないと気づくんじゃないかなと思います。

Safariのバックグラウンドでページ読み込みが便利

Safariで⌘+クリックを押すと該当のページをバックグラウンドで立ち上げる事ができます。

ネットサーフィンをしている時に興味のあることを次から次に調べたいので、色んなページを立ち上げるたびに読み込み画面になるとうんざりしてしまいます。なのでこの機能は必須。

iPhoneだとSmoozというアプリを使うと便利なのですが、どちらかというと画面を直接触るために作られているように思います。

Safariのこの機能があるためiPadではずっとSafariを使っています。⌘を押しながらクリックするだけで情報収集の高ちるが爆上がりするので、本当におすすめな機能です。

ぼくは普通にネットサーフィンを始めると50タブとかになってしまうので、この機能なしでは読み込み画面を常に開いて元の画面に戻ってとなってしまい、我慢できません。

また、長押しで新しいタブで開くを毎回選択するのも無理。長押しが我慢できません。

さらにSafariではControl+tabキーで隣のタブに移れます。現在のページを見終わったらすぐに次のタブに移れば次々情報を収集していくことが可能です。

これによりiPadとMagic Keyboardを使っていればかなり高速な情報収集ができるようになります。

他のショートカットも便利なので⌘キーで確認する方法を覚える

アプリ自体にショートカットキーが設定されているモノであれば⌘キーを長押しで一覧表示することができます。ショートカットキーがわからないとなったらとりあえず⌘キーを長押しです。

最初から全部のショートカットを暗記する必要はなくて、使っているうちにいつも使う機能だけを覚えていくだけでいいです。わからなくても簡単に確認する方法があるのでかなり便利です。

ぼくも最初全てのショートカットを覚えようとしていましたが、全く使わないショートカットもあるので、無駄だなと思ってやめました。それよりもこういうこともできるんだなくらいに覚えておいていざ使う時に確認するくらいの方が効率的だろうと思います。

作業効率を考えるのであればキーボードから手を離したくない

カーソルや指での選択ができるのがiPadのいいところでもあるのでキーボードだけの選択が完全にiPadにあっているとは思いません。ですが、覚えておくだけでかなり便利になるので、損はないと思います。

キーボードから手を離して画面に触れるのはそれが必要な時にできるくらいに考えてもいいでしょう。

Spotlightがかなり爆速で作業できるので作業効率にこだわりのある人はいいですよ。1つのアプリを立ち上げるまでの時間はSpotlightを使うかどうかで1秒も変わらないとは思いますし、慣れないうちはカーソルや指で選択した方が早いこともあるかと思います。

これはマークダウン方式の記述に対応しているアプリを使う際もそうだと思いますので、何事も慣れるまでは今までの方が良かったと思いますよね。しかし、その慣れない期間を乗り越えてしまえば間違いなく作業速度は爆上がりします。

実際ぼくもショートカットをいくつか覚えることで作業が高速化して快適にさまざまなことができるようになりました。

圧倒的におすすめなので簡単な幾つかのショートカットを覚えてみてはいかがでしょうか。

Macbookに近づいているiPad感を味わうことができますよ。