iPad Proを快適にする最強スタンド

こんにちは、iPadPro用Magic Keyboardが発売になりましたね。

楽しみすぎて即日ポチりました。

早く届かないかなぁ。

 

iPad用Magic Keyboardについても今後記事にしようと思います。

さて、そこで気になってくるのが完全にパソコンライクな見た目になるiPadについてです。

以前の記事にも書きましたが、iPadとパソコンは全く別物です。

iPadをパソコンの代わりとして運用できるのか考えた

iPadOSがトラックパッド対応になってかなり操作が良くなりましたが、それでもやはり違うモノです。

ですが、この見た目であればもっと文書作成などでパソコンのように使いたくなってきますよね。

 

そこで必要になるのがiPadのスタンドだと思います。

いろいろと種類が出ていてどれを選べばいいのかわからない人もいるかもしれません。

そこで今回はiPadの操作を快適にしてくれるスタンドについて書きました。

iPadProを快適にする最強スタンド→現状ではMoftとsmart keyboardの組み合わせが万能

この記事の結論は「現状ではMoftとsmart keyboardの組み合わせが万能」です。

 

理由は最も手軽に持ち運べてiPadのスタンドとして申し分ない機能性を有しているからです。

 

キーボードを必要としないのであれば別の選択肢もあるかと思いますが、パソコンライクなスタンドとしてみればMoftとsmart keyboardの組み合わせがいいでしょう。

 

比較対象に選んだのはMOFT-X、BoyataiPadスタンドです。

どちらも非常に使いやすいモノでして、それぞれのもつ特徴について書いています。

 

Moftとsmart keyboardの組み合わせ

元々MOFTはノートパソコン用のスタンドですが、smart keyboardと組み合わせたiPadはまるでパソコンのような見た目ですので、問題なく使用することができます。

 

取り付けもsmart keyboardに貼り付けるだけですので、難しいことは何もありません。

重心のバランスを見るくらいですかね。

 

MOFT自体がかなり薄いので持ち運びの邪魔になったりしませんし、重さもほとんど感じない程度なので負担になることはないはずです。

余程のこだわりがなければこの組み合わせにしておけばどんな環境でも快適に作業することができるのではないでしょうか。

また高さを二段階に調整することができるためデスク環境に応じた適切な状況で作業をできるのも魅力です。

 

ただ、ぼくが気になるのはsmart keyboardの打鍵感です。

携帯性を重視しているため、若干打ち心地が悪く感じます。

タイプする力が強いというのもあるのだと思いますが、文字入力していて疲れるような感覚になります。

以前までこの組み合わせで作業をしていましたが、今は文字入力の快適性を求めてHHKBに入力端末を変更しています。

いつまでも打ち続けたくなる『HHKB HYBRID Type-s』 レビュー

そのためsmart keyboardと併用するとキーボードの前にキーボードを置いている状態になってしまい、なんだか妙な感じなのでキーボードのついていないカバーを使用する様にしています。

iPad用Magic Keyboardにはその打鍵感の改善を期待しているのですがどうでしょうか。

MOFT-Xとの組み合わせ

MOFT-XはPpixel3aに使用しているスタンドですが、iPad用も用意されています。

スリムなスマホスタンドにこれでもかと機能性を詰め込んだ。Pixel3aにだって使える 『MOFT X』レビュー

スマホで使っていてかなり便利に使っていたところ奥さんも欲しいと言ってきましたので、今では一家で使用しています。

iPadに貼り付けて使用しますが、MOFT-Xもかなり薄く作られていますので違和感を感じるようなことはないでしょう。

 

smart keyboardに貼り付けてもいいのですが、MOFT-Xは縦置きにも対応していますので縦置きで使うことが想定されるのであれば本体に直接貼り付ける方が良いと思います。

 

スマホなら縦置きがデフォルトなのですがiPadはどうなんでしょうか。

iPad miniであれば縦置きも便利そうですが、iPad Proくらいのサイズになると縦置きするんでしょうか。

 

MOFT-XはMOFTと違い高さの調節はできません。

最適な角度なので問題ないとは思いますが、環境によってはもっと低く、あるいは高くしたいと思うかもしれませんね。

 

また、先ほども書きましたがsmart keyboardとの相性がさほどいいとは思いません。

そのため何か別の外部キーボードを使用することをおすすめします。

また、キーボードに強いこだわりのある人にはこちらがおすすめです。

HHKBとの組み合わせは最強です。

Boyataスタンドとの組み合わせ

YouTubeをながめていたところiPadのスタンドでこのBoyataのスタンドを紹介している動画がありました。

そんなにいいのかなと思い買ってみましたが、かなりいいモノです。

 

前提としてこれは持ち出すことを想定してません。

自宅でiPadを使用するのにかなり最適なスタンドであるということです。

 

高さはかなり幅のある調整が可能なため自分にとって最適な高さに固定することができます。

調整できるのか疑問になるくらい固いですが。

最初、あまりの固さに腕を痛めるかと思ったほどです。

 

重さは結構ずしっとくるくらいの重さなので、持ち運びには適していません。

ですが、自宅のデスクに置いて使えばかなり快適です。

 

外部キーボードを使用しての文字入力はもちろんですし、動画視聴、ゲームプレイなどさまざまなシーンで使用することができます。

このスタンドはどちらかというとiPadをデスクトップパソコンのように使うためのスタンドといった印象です。

ギリギリまで高くして使っていますが、本体の重量がしっかりしているのでバランスを崩して転倒することはありません。

とはいえあまりにも高くしすぎると、重心が後ろにいってしまって転倒してしまいますが。

便利なスタンドを使えばiPadはさらに快適になる

iPadはスマホの延長と考えていた頃はスタンドは不要と思っていました。

ですが、スタンドを使用する事でiPadはかなり快適になりますし、作業効率も爆上げできます。

 

大きな画面のiPadにしてから手持ちで動画視聴もできなくはないけど重いから置いてみたいなとなりました。

この状態は近いうちiPad miniを手に入れて改善してようと決めています。

 

お金がいくらあっても足りませんね。

 

ともかくiPadに適したスタンドを使用すれば快適作業環境を構築できますよ。

個人的に現在クラウドファンディングを行なっているMOFT-ZとiPad用Magic Keyboardの組み合わせに最も注目しています。

きっと最強の組み合わせだと思うんですよね。

あぁ、楽しみすぎる。