万年筆とボールペンの狭間。無二のペンがほしい人におすすめ 『カキモリ ローラーボールペン』 レビュー

ボールペンにも日々のワクワクが欲しい

先日ボールペンのインクが切れてしまって、新しい物を用意する必要があったので文具屋に向かった。同じボールペンを購入しようとしたけれど、同じモノを買うのも味気ないかなと思い、何か面白いものはないかなと店内を探してみた。店内にはワクワクするようなモノは見つからなかったけれど、きっと何かあるだろうと思って、買わずに帰って色々と調べてみた。

狙い通り面白い商品を見つけたので早速購入して到着を楽しみに待った。


ボールペンに万年筆のインクを入れる

今回購入したのはカキモリが出しているローラーボールペン。ボールペンなんだけれど、届いたペンにはインクが入っていない。このペン単体では書き出すことができないのだ。人によってはこの時点で手間を感じる人もいそうだなと思うけど、手間をかける価値のあるペンなのだ。

本体について

このペンは万年筆用インクを入れて使えるペンなので、別途万年筆インクの用意をする必要がある。一応このインクを入れて使ってほしい旨の説明はあるものの、それ以外でも使用できると思う。粘度の違いがあるので、よく調べてから使用してほしいけど。

インクの補充はすごく簡単で、まずペンを分解してインクをいれるパーツを取り出す。そしてクルクルとそのパーツを回すとドリル的な部品が下に下がるので、それをインクに入れる。今度は逆にドリル的な部品を戻すように回すと中にインクが入っていく形だ。コンバーター式としては一般的なやり方だと思う。ボールペンとしては他にない形だとは思うけれど。

使用するインク

僕は今回、万年筆インクとしては定番であるらしいペリカン ロイヤルブルーを入れることにした。

このペリカン ロイヤルブルー、すごくいい色で書いた文字は青い。青いというか紫に近い青といった印象を受ける綺麗な色だ。まだまだ文字文化のある日本では正式な書類には黒を使わなければいけないケースが多いと思うので、そういった書類の記入といった用途には向いていないと思う。だけど普段使用する分には次々に文字を書きたくなる綺麗な色なので、何か自分のために書くものに使っていこうと思う。


書いた感じが気持ちいい

書き心地は快適だし、ボールペンと遜色ないように感じる。ただ一点注意が必要なのは公式ホームページで言っているが、ペンを立てて書くとインクの出が悪かったりボールがカリカリと音がしたりするとのこと。実際にまっすぐにすると書けるのだけれど、インクの出が悪い気がする。

そこでこのペンは少し傾けて書くことを推奨しているのだ。これがなんだか万年筆っぽい。書いた文字もボールペンらしい文字なんだけれど、インクの感じかどこか万年筆のような雰囲気があって、書いていて気持ちがいいペンだなぁと感じた。

書いているとわかるのだけれど、インクの乾きが遅いように見える。次の文字を書いている間、先ほど書いた文字の乾いていくインクの様が見られる。それがまたのんびりとしていて焦ったり急いだりしても仕方ないよと言っているようで、インクの乾きに気付いた時は少し息を整えることにしている。

面白いモノに出会えるのはいつも突然だけれど、今回はなかなかいい時期に出会えたかなと思った。新年の始まりに新しいペンで頑張ろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です