大好きなカフェは200キロ先 カフェマーレツーリングレポ

カフェマーレに行きたい

今回の目的はカニクラムチャウダーです。名前聞くだけで、美味しいですね。今回は五百王さんに福井県のカフェ、マーレでカニクラムチャウダーが始まったと教えてもらい、行きます!と返事をしたことで始まったカニクラムチャウダーツーリングです。グルメツーリングはいいぞ。

今まではツーリングに出る際、あれもこれもと要素を詰め込みすぎて一人で勝手に疲れてしまうことがあったりして、いい加減反省しなければなぁと思います。目的と寄り道する心の余裕があった方がツーリングは楽しいよね〜と今回のツーリングで再認識した感じです。

旅行に行く際もそんな感じ詰め込んで一生懸命回って疲れてな感じで、旅下手なんだな〜と思います。二度と来られない場所なら詰め込みも悪くないのですけどね。二度と来られない場所こそのんびり回りたい気はしますが。

今回も道は五百王さんが先導にしていただいて、いいスポットをのんびり回りながら走れました。楽しいツーリングでした〜。

滋賀県にて集合

まずは妹子の郷に集合です。となると気になるのは湖西道路の渋滞です。結構な頻度で渋滞しているのでそこも含めて時間を考えないと遅刻してしまいます。急な事故渋滞とかはどうしようもないですが、予測できる範囲のことですし早めに出発することにしました。

高速道路で一気に進んで湖西道路まで来ましたが、やはり渋滞しています。ただ、2車線が1車線に合流するところまででしたので、比較的楽に渋滞を抜けることができました。

妹子の郷で合流して、どう向かうかを相談しますが、ここで五百王さんが本当のビワイチはここを通らなければならないというルートがあると呟かれました。確かに今までビワイチするにしても湖西道路で湖西部分を通過している感があって、山の上から琵琶湖を眺めるこれはビワイチなんだろうかと思ってしました。幾度となく琵琶湖を走りに来ていますが、まさかそんなルートがあるなんて。今回はその真ビワイチルート湖西編を走って行くことをお願いしました。

真ビワイチルート

そのルートですが、湖西道路を走っていると山の中からチラッと琵琶湖の見える区間を琵琶湖沿いに走れるので気分がいいです。地元の方の車は走っていますが、休日の午前にも関わらずツーリングライダーの姿がありません。湖西道路を走って一気に北に抜けるライダーが多いのでそうなるのでしょうが、ちょっと勿体無いようないい道です。

白髭神社

いつも前は通るけどよったことのない白髭神社に寄り道してもらいました。湖上の鳥居が有名ですが、境内もなかなかの雰囲気です。山手に本堂があるようで、今度時間のある時にふらっとお参りしにいこうかなと思います。

その後は鳥居の撮影に行きます。色んなところでこの鳥居の写真を見ますが、実物はやはりすごくいいですね。いつもはツーリングの最中に通過する際にチラッと見て満足していただけにゆっくり時間をかけて写真を撮ったりできてすごく楽しいです。

満足するまで写真を撮ってからさらに北上します。ここでも真ビワイチルートで走るため、側道にそれます。そこからの道はここは北海道かというくらいまっすぐな道が、車もバイクもほぼ走っていない状態で広がります。すごくスピードが出てしまいそうな道ですがここを飛ばして走るのは勿体無いと感じるような快走路です。ツーリングライダーに全く合わなかったですが、こちらを走らないのはすごく勿体無いですね。これからはこっちを走ってビワイチすることに決めました。快適に走った後、街中に入る直前に近江ちゃんぽんのお店もありましたし、お昼休憩にも困りませんね。

そのまましばらく走っていると面白いところに連れて行ってもらいました。

マキノテラス

不思議な形状ですが先に続く琵琶湖がすごく綺麗で、この門のような建物が視線を制限するからこそ、一気に広がりを感じるように思います。考えられた建物だなと感心します。

綺麗で澄んだ湖なので、バイクとは関係なく車なんかで家族と来るのもいいのかなというほど気に入りました。

SRを並べて写真を撮りました。双方ともにカスタムしているバイクとはいえ、同じバイクの見た目ではありませんね。ガルフカラー、世代ではないため全く知りませんでしたがカッコよろしいですね。以前に一緒にマーレに行った春夏秋冬ツーリングの時と比べても劇的な変化で、変わってないのは乗り手だけでしょうか。

福井県に突入

そんな感じでのんびり進んでいましたが、そろそろお腹の空いてくる時間なので、本命のカニクラムチャウダー目指して北上します。山道を走って福井県に入ってさてしおかぜライン前のコンビニにて休憩しようかと話してしましたが、どうも到着前から嫌な予感が。

潰れていました。いい場所にあると思うのですが、確かに街中にあるわけではないので、厳しいのでしょうか。切ないものです。

かくして休憩できないまましおかぜラインに突入しましたが、海がものすごく白波立って荒れています。しおかぜどころか海水をかぶるんじゃないかと思うほどです。何箇所か道路に水溜りができていて、波が防波堤を越えて道路に入り込んでるじゃないかとか、あの先の波はやばいですよなんて笑いながら走ります。

休憩しつつゆっくり進んで、波飛沫なんかをかぶりながらようやく目的地に到着しました。割と遠い福井県に来てでも食べたいものがありますので、遥々やってきました。外観よりも中の雰囲気がいいですね。なんだか海外にいるようです。

カフェマーレ

カニクラムチャウダーだと思っていたら、今年はカニクリームシチューだったようです。差があまりわからないのですが、美味しいことに間違いはないでしょう。

しばらく待って出てきたのがこれです。もう見た目が美味しそうで、遠くまで来た甲斐があったな〜なんて思います。実際、味もすごく美味しくて、パンの器もなかなか器にしなくてもそのままで食べられるポテンシャルを持った美味しいパンです。シチュー自体も旨味がすごく出ていて飽きずに、なんならもう一つ食べられる勢いに好きな味でした。いや〜連れてきてもらってよかったです〜。

帰り道はやっぱり別の道で

お腹も膨れて満足しましたのでそろそろ帰路に着きますが、今まで海沿いを走ったので今度は山側に行くことにします。波飛沫もすごいですしね。

ゆる〜く山道を流しながら走って、滋賀県との県境あたりで以前の春夏秋冬ツーリングでは春にも関わらず冬期通行止めになっていた北国街道あたりまで来ました。以前のツーリングでの積み残しなので、ここで解消しときましょうということで北国街道へと入っていきました。

確かにそこまでの道中もなんだか寒いような感じするな〜と思うくらいでしたが、北国街道に入ってしばらくすると明かに寒いように感じます。電光掲示板がなかったので正確にはわかりませんが、10℃とかだったのではないかと思いました。その日の最高気温、大阪とかだと28℃くらいの予報だったのですが。北の方だしちょっと寒いかなと思って着てきたジャケットでも寒く感じるほどなので、よほどの気温じゃないかなと。

北国街道を抜ければ滋賀県なので、湖北みずどりステーションでプレFIミーティングをして解散となりました。

楽しく美味しいツーリングで大満足の一日になりました。やっぱりツーリングはいいぞ。