MagSafeは充電だけのモノではない。MagSafe対応のMOFT

基本的にスマホは裸運用をしています。気軽に持ち運びたいので。

スマホをケースに入れずに運用していると気になるのが、カメラの出っ張りですよね。最近は様々なスマホがカメラ部分が出っ張っていて、デスクに置いた時にカメラから接地するのがどうなのだろうと思います。

iPhone12 miniも多分に漏れずカメラが少し張り出したデザインなので、対策が必要だろうと思いました。しかし、MagSafeを活用していきたいので、NagSafeに対応していないケースは使いたくない。

そう考えていところ、いいモノを見つけました。

MagSafeを活用する日々にスタンドを

DSCF0307 今回見つけたのはMagSafe対応のMOFT

MOFT自体はずっと使っているスマホの背面に貼り付けるタイプのスマホスタンドです。そのMagSafe対応バージョン。

スタンドとしてはMOFTが一番便利だなと思っています。

基本的に充電はMagSafeを使用しているので、ケースを使用せずにスマホを使っています。MagSafe対応のケースもありますが、まだ種類はそんなにないかなといった感じ。

このMOFTはMagSafeを使用しているので、貼り付けも剥すときもマグネットで行います。気軽に取り外しができるということ。

今までのMOFTは粘着シートで貼り付けでしたので、何度も貼り直しができるといっても、基本的に貼ったままの運用になっていたかと思います。

そこがマグネットで便利になりました。

固定方法はくっつけるだけ

DSCF0308 スマホとの固定はMOFTを背面のMagSafe部分にくっつけるだけ。にもかかわらずかなり強力にくっついているので、MOFTだけを持ってスマホを振ってもスマホが落ちたりはしません

DSCF0309 手軽に使用できますし、安心感もありますね。

MOFTはバンカーリング的な使用方法もできます。MagSafe MOFTはどうなのかなと思いましたが、これだけきちんとくっついてくれれば安心です。

くっつけるだけという快適さがたまりません。何事も面倒な手間が発生してしまうと使わなくなってしまいますからね。

スタンド機能が便利すぎる

DSCF0310 スマホスタンド、使い始めてしまうと便利すぎて手放せなくなりますね。

今回のMOFTは取り外すことを前提に作られていることもあって、様々な方法でスタンド機能を使えます。

DSCF0312

DSCF0313 中でもフロートモードが便利。動画視聴に適したスタイルで、スマホで動画を見るときにはかなり見やすくなっています。

ただ、スマホなので置いて動画を見るよりは、手で持って動画を見る方が多いから必要ないともいえますが、ここは好みが別れそう。僕は最初こそ楽しんでフロートモードを使用していましたが、結局手元で見れた方が快適なので使わなくなりました。

充電ができない点と磁気の影響には注意して欲しい

充電できないといってもMagSafeを使用した場合の充電に対応していないという意味です。ケーブルを挿せば通常通り充電可能。

さらにMagSafeもMOFTを外せばいいだけなので、そこまで手間に感じるようなことはないですが、充電のたびに剥がすのは面倒に感じました。

マグネットでくっついている関係で、背面のカードポケットにクレジットカードを入れておくと磁気の影響で不具合が出そう。

あまりここに重要なカードは入れない方がいいと思ってあまり活用していません。

気軽かつ便利なスマホスタンド

DSCF0314充電の問題などはありますが、それでも気軽に取り外しができてスタンドとして必要以上の機能を持っているMOFT。かなり便利です。

デスクに置いたときのカメラ部分保護もできますし、持っておいて損のないモノ。

気軽さと便利さの組み合わせが最強なので、かなりおすすめです。

DSCF0311

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です