モノクロで切り取る日常

モノクロ写真の良さを考える

モノクロで切り取る日常

普段撮影するときはRAWで撮影して、後で編集を行うようにしています。

ですが、その編集作業のときでもあまりモノクロ写真にすることはなくて、正直なところモノクロの良さがいまいちわかっていない感じ。

先日、FUJIFILMの機能であるフィルムシミュレーションを使ってみようと思い立って、その中にモノクロのアクロスというフィルムを再現したモードを発見しました。

実際にX100Vをアクロスに設定して日常を撮り歩いてみると、すっかりその魅力にハマった感じです。

良いぞ、アクロス。

カメラの保存方法を変える

先程の通り、ぼくは基本的にRAWで撮影をしています。そのほうがLightroomでプリセットを当てる際に都合が良いため。

フィルムシミュレーションを設定して撮影することは可能なのですが、RAWで撮影するとLightroomに入れ込んだときに結局普段の写真に戻りますので、jpegで撮影する必要があります。

色々と悩みましたが、まずはX100Vをその設定にして撮ってみることにして、散歩してみることにしました。

クラシックネガなど様々なシミュレーションがありますが、今回楽しかったのがアクロスです。いわゆるモノクロフィルムのアクロスを再現したモードですね。

モノクロが効果的な場面や、適度な明るさ、距離感などわからないことばかりですが、それがまた面白い。

普段撮影している場面がモノクロになるだけなんですが、なんとなくいつもの写真と違うような。モノクロなので、違うのは当たり前なんですが。

X100Vが最高に使いやすい

X100Vがとにかく使いやすくて、機動力もよくいつでも持ち歩けるサイズ感も良い。

高級コンデジに分類されて、その中にあって割に本体サイズが大きい方じゃないかなと思います。とはいえ、軽いですし、コンパクトなこともあって気軽に持ち出すことができますね。

日常生活の中で気軽に使えますし、ちょっとしたお出かけや、カメラメインではないツーリングのときに活躍してくれます。

Jpegであればデジタルクロップで35mm,50mm,70mmの画角での撮影が可能になるので、これ一つで多くのシーンをまかなうことができます。

最強のコンデジですよ。

モノクロもたまにはいいですね

モノクロ撮影というのは今まであまりしてきませんでしたが、いいものですね。なんだかちょっと雰囲気の違う写真が撮れます。

実際のフィルムのアクロスも試してみようかな。まだ買うことができるフィルムだったはずですし、楽しい体験になりそうな気がします。

さらにいわゆる撮って出しと呼ばれるjpegをそのまま使うようにしてみました。FUJIFILMは撮って出しがきれいと言われるだけあって、色が綺麗ですね。

今回はモノクロだけなのでいまいち伝わらないかと思いますが。

撮影手法をもっと増やして楽しい写真ライフにしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です