カメラを楽しむためにカメラストラップを『monogram スリムストラップ』へ新調しました

いつの頃からか自分の写真をそので出来で判断するようになっているような気がしました。

一日撮影した写真をiPadで現像作業をする際にこの写真はイマイチだから削除してみたり。

あるいは同じシーンでの写真を数多く撮影してその中から1枚を選ぶような。

それはそれで正しいカメラとの付き合い方だと思いますし、写真がとても上手な人はそうしているのだろうなと思うのですがどうにもぼくには合っていない。

なんてことのないなんてことのない写真を撮って歩きたい。

徐々に自分とカメラの付き合い方に違和感を感じるようになってしまいました。。

どうにかしないいけないと思って、初心に返ってもっとカメラとの距離感を近くできないか考えた結果カメラストラップを新調することにしました。

どうして初心に返るのにカメラストラップを新調するのかについて書いていこうとおもいます。

monogram スリムカメラストラップ

今回購入したのはmonogram スリムカメラストラップ。

細いレザーのカメラストラップで今回選んだのは短いバージョン。

体格的には長い方を選択した方が良かったのですがあまり長いと持ち運びの時にブラブラして体にガンガン当たるのが嫌で短めにしました。

選んだ理由はレザーの細いストラップがとにかくカッコ良かったから。

機能性とかではなくとにかく自分が良いと感じたモノにすることにしました。

カメラに関するモノを機能性だけで選択しすぎたかもしれない

どうして初心に返るのにカメラストラップを新調したのか。

どうして機能性ではなく自分が良いと感じたモノを選択したのか。

それはカメラに関するモノを機能性だけで選びすぎたかもしれないと思ったことです。

機能性、スペックって調べ始めると少しでも良い方がいいのかなと思いますし、わざわざ使いにくいモノ、劣っているモノを選択するのはあまりないのではないでしょうか。

そのほうが間違いなく便利になりますし何かをする際困ることもなくなるはず。

何にでも備えられる、何があっても対応できる、それが理想ですし何かあってから困るくらいなら最初から機能性でモノを選べば良いじゃないかと考えていました。

ですが最近その機能性を重視することに疑問を感じ始めました。

機能性重視で自分の本当に好きなモノを選んでいないんじゃないか、本当に自分が好きなモノを選んでないから毎日使うことにためらいが生まれるのかな。

そんな風に考え始めると確かに現在使っているカメラストラップは便利だけれど毎日使いたい、そのモノを使うと考えた時にワクワクするようなモノとは違うかなと思いました。

その積み重ねがカメラを楽しく感じなくなってきた理由かもしれない。

そうなのであればせっかくのカメラという趣味をこれからも楽しむためにまず簡単にできるカメラストラップから変えていこうと思いました。

細いレザーのストラップ

ぼくの好きなモノはレザーのモノが多いです。

バックパックもようやく念願のレザーのモノにしましたし、iPad Proケースもレザー。

どちらも使っていて毎日ワクワクするモノです。

そうなのであればぼくはレザーのモノが好きなのだろうと思ってネットをよくよく検索してみて、今回購入したmonogram スリムカメラストラップと出会いました。

かなり細いレザーのストラップになのですがそのシンプルさが今の気持ちに最も寄り添ってくれるような気がしたので購入することに。

ストラップの両端はバックルがついているので簡単に取り外しができますので慣れれば必要ない時にパパッと外すこともできそう。

α7RⅢの無骨さにブラウンがなんだかちょうどいい感じがしてとても気に入りました。

今後α7Cに本体を変更してもこのブラウンならちょうどいい雰囲気になるでしょうしいいモノだと思います。

首元からぶら下げる

そこまで長いストラップではないのでたすき掛けにするのは厳しいですので基本的に首からぶら下げる使い方になります。

ぶら下げるとちょうどみぞおちくらいにカメラがあるので何か被写体を見つけてから撮影するまでの動作が自然に行えます。

パッと手を伸ばした先にカメラがあってすぐに撮影できる。

たすき掛けでしかストラップを使ってきませんでしたが首からぶら下げる方が動作が自然なことに今更ながら気づきました。

見た目もみぞおちくらいにカメラがある方が自然に見えますしいい感じです。

気になること

少し気になるのは重たいレンズを付けたりするのには向いていないこと。

というのもストラップが細いので重たいレンズを装着したカメラを首から下げるとストラップが首に食い込むような感覚があります。

細いストラップなので当然のことですが。

大型のレンズを装着して歩きたい人はこのストラップではなく幅広のストラップを使用すれば幸せになれると思います。。

このストラップは細いストラップが欲しい人のために作られたシンプルなストラップなので。

軽いレンズをつけている分には一日中首から下げていても首が疲れたと感じることはありません。

細いストラップと歩くことを楽しみたい

かなりカッコいいストラップなのでカメラをバッグにしまって歩くよりも首から下げて歩きたい。

そうすることで撮影回数も自然に増えて写真も上達するかなと期待しています。

かなり多くのストラップを検索してようやく出会えたお気に入りのストラップ。

これからも長いこと使って行けたらいいなと思います。

使っていてワクワクするモノを選べられた満足感は何者にも変え難いですね。

もっとこのストラップと一緒にいろんなモノを撮りに行けたらいいな。