キャッシュレス化はバイク乗りにとって救世主になりうるのか

消費税増税とともに始まったポイント還元事業でにわかに注目されてきているキャッシュレス決済ですが、便利ですしポイント還元はちょっとお得感があるのでいつまでもやってほしいぃ。

個人的に以前よりクレジットカードのIDを利用していましたのでキャッシュレス決済事態に何も抵抗はありませんし、ポイントでお得になっていい感じです。消費税が上がったのはちょっとしんどいですが。

いよいよ財布のいらない世の中になったことを実感できますね。そこで普段の生活だけでなくバイクに乗る人間にとってのキャッシュレスを考えてみました。

バイク乗りにとってキャッシュレスは便利なのか

バイクに乗る上で荷物は少ないに越したことはないのかなと思います。フォトツーリングで一眼レフとレンズを山ほど持つ時でもカメラ機材以外はなるべく軽くしたい。

そうであるならキャッシュレス化に取り組むのは、意味のあることだと考えました。

ツーリングに出かけることとの相性

バイクでツーリングに出かける時は、以前よりスマホでナビを使用しています。12月に法改正がありましたので使用する際は注意が必要ですが、別にスマホホルダーが禁止という訳ではないので、これからもスマホの定位置はホルダーかなと思います。

ともあれスマホは携帯電話としても使用するので常に持ち歩いているわけです。であればそのスマホを財布として使えば、財布いらないのでは?と思いました。バイクからUSBで常に充電できる環境にしているわけですし、出先で充電切れもないわけですし。

現金と免許証はケースの裏に、入れることにします。現金は特に便利で普段の生活でうっかり財布を忘れた時に役立ちますのでおすすめです。そもそも財布忘れることなんかないという人には無用なのかもしれませんが、備えあれば憂いなしとも言いますし。

あとは車検証でしょうか。これはバイクに専用の収納スペースがついている場合が多いように思います。収納スペースがない場合でもなんとでもなるでしょうし、これで走り出せる装備は最低限整いました。

カッパも場合によっては必要ですね、シートにくくりつけるのがいいでしょうか。

ツーリングにカバンを必須と考えない

ここまで条件を考えていった時にカバンは本当に必要なのかと考えました。身体に何も装備していない方がやはり楽ですし、走る際もカバンに身体が振られて違和感を感じることはないです。

休憩の際もヘルメットとグローブを外せばすぐに動き出せますし、動きが軽やかです。今まで軽めの装備でツーリングに行くにしてもなんでだかやたら大きなカバンを背負ったりしていたので、かなりの解放感を感じると思います。

財布を持たないと決めただけですが、なんだか荷物の最適化が行われたような感覚にがあります。

コンビニでの会計でも差が出る

コンビニでの休憩時の買い物はスマホのアプリやおサイフケータイを使用したほうが便利ですね。ピピッとあっという間に会計が終わります。

クレジットカードを使い出してから、今現金で支払うメリットはなんだろうなと考えることが多くなりました。

カードの方が明かに会計終了までの時間が短くすみますしポイントも付与されるケースがほとんどです。マイルが貯まるものもありますね。

現金払いでは特段特典はないように思いますし、何より現金は嵩張ります。特に小銭はあっという間に財布のかさを増やしますね。

現金で買い物をしたその日は、自宅に帰ったらもらった小銭全てを貯金箱に入れるようにしています。1年経つと結構な金額になっていますのでかなりおすすめです。

宵越しの金は持たないとかではありませんが、宵越しの小銭くらいは持たない暮らしも悪くありませんよ。

ともあれバイク乗りにとってキャッシュレスは荷物の軽減という面ではかなり有効な手段だと思います。ツーリングの快適度合を高めることもできますし、興味を持っているけどいまいち使えていない人は本気で取り組んでもいいかなと思います。

しかし、バイク乗りならではのデメリットもある

ですが、バイクに乗っている人間としては完全キャッシュレスは危険な面もあると言わざるを得ません。

山道なんかを走ることの多いバイク乗りが休憩で立ち寄ったお店がキャッシュレス決済に対応しているかどうか分からないので、完全キャシュレスは危険だと思います。お店に入ったものの現金支払いのみだったので休憩しませんでした、なんてことになりかねませんからね。

ガソリンスタンドは特に注意が必要

少額でも現金は必要な場面がバイク乗りには多いと思います。ガソリンスタンドはカード決済にほぼ対応しているとは思いますが、これも万が一のことを思うと現金を忍ばせておくのが賢いと思います。

以前四国の山の中を走っていた時に立ち寄ったガソリンスタンドが現金のみだったことがありました。当時はまだキャシュレスとは無縁でしたので何とも思いませんでしたが、今だとちょっとだけ焦るかもしれません。

普段の生活で立ち寄るお店はキャシュレス決済に対応している所が多いとは思いますが、そうでない所もまだまだあるんだと考えてリスクマネジメントする意味からも、小額の現金は持っていた方がいいです。

外食もお店によっては注意したい

たまに行く美味しいラーメン屋さんは現金のみです。個人的にすごく好きなお店ですのでキャッシュレスに対応していなくても通いますし、ニコニコの現金払い、全く問題ないです。ですが、完全キャシュレスを実行してしまうとそういうお店に行けなくなってしまうことも考えることになりますね。そういう面からも現金大事です。

様々な場所を走り、休憩で様々なお店を楽しむバイク乗りにはキャッシュレスの限界があります。完全キャッシュレスはもう少し世の中が変化してからにしたほうがいいかもですね。

とはいえ便利なのは間違いない

荷物を少しでも軽く小さくしたい人にとってはキャッシュレス化の波は間違いなく乗っていい波です。個人的にも現金はあまり持たない派なので、嬉しいいい世の流れだと感じています。少しでも興味が湧くようであればやってみることをおすすめします!