写真を質を変えるために「ソールライターのすべて」を読んでみた

写真集を読むことが好き。

そう書くと読む?見るでしょと言われたり、写真集自体が何かいかがわしいモノとして認識されている人もいたりして勘違いされたり。

イメージってやつですかね。

ぼくとしては「カメラじゃなく、写真の話をしよう」で著者の嵐田さんが写真集を読むことの大切さを書いていて、その通りだよなぁと思って以来写真集は読むモノとして考えています。

今回は写真に何か新しいモノを感じたくて「ソールライターのすべて」を読んでみました。

そこで感じたことについての記事になります。

ソールライターのすべて

ソールライターという写真家の方の作品集である「ソールライターのすべて」。

写真集をよく手に入れて読み、何か自分の写真に活かせるものを探すことが楽しくて、この「ソールライターのすべて」についても何かあれば嬉しいな、くらいの感覚で手に入れました。

もしくはなんとなく眺めて楽しもうかなと。

結論として、ぼくにとってこの本は楽しいだけではなくて、今までと違った写真に挑戦する勇気とその考え方を学べるいい本になりました。

こういう本、すごく好きです。

写真はもっと自由でいい

ぼくは写真のプロではありませんし、また、なにかの賞レースで評価されているような人間ではありません。ただ、趣味として写真を楽しんでいるだけ。

そのためいい写真がどんなものなのか、どういう写真が評価されるような写真なのか分かりません。

ですが、最低限の主題や副題、構図などの知識は持っています。その知識から余計なモノは写さないように撮影するなどの工夫をしてきました。

しかし、それは本当に正しいことだったのかと考えさせられるような作品がこの本にはたくさん載っています。

鏡越しの写真を撮影しているもの、隙間から撮影されているもの。どれもぼくにはとても魅力的な写真に思えます。

いつの間にか頭でっかちになって、自分の撮影に次々と制限をかけていたのかもしれないと気付かされました。

もっと自由に撮りたいモノを撮ったらいいのに。

何気ない近所を撮影する

ソールライターの写真の題材は自宅の周囲で撮影されていることが多いそう。

確かに似たような風景の中にある題材がたくさん掲載されていました。とはいえ、もちろん日本人であるぼくからすると、その風景はどれも外国の風景で新鮮に感じるモノばかりなのですが。

ともあれ、ソールライター本人にとっては近所の写真なわけですね。

ふと、そういえばぼくは近所の写真を積極的に撮影しようとしていたかなと思いました。写真はバイクなりで旅に出たときに撮るものと思っていなかったか。

そういう意味でもぼくは写真に対して制限をかけていたのでしょう。

もっと近所の風景、何気ない風景の中にある題材に目を向けていこうと思います。

写真は綺麗に写す必要はあるのか

写真をとるときはブレがなく、ピントも完全にあっている写真がいい写真で僅かにでもブレやピントを外した写真はダメだと思っていました。

事実としてそうではあるのですが、ぼくの場合それが行き過ぎていた感じです。

意図してピントを外している写真もいいな、とこの本を読んでいて気づくことができました。

綺麗なだけが写真の楽しみではない。とはいえ意図してピントを外した写真というのは大変難しく、どこまで外すのか、どうしてピントを外す必要があるのかを考える必要があります。

難しいですね。

ですが、必ずしも綺麗に撮影した写真でなければならない、というわけではないと考えることができたことが大きな収穫です。

早く写真を撮りに行きたい

この「ソールライターのすべて」を読んで写真を撮ることが楽しくなってきました。

もっと自由に、もっと手軽に、もっと選択肢を広げて。

ソールライターのような写真を撮れるようになれれば嬉しいなとおもうことができるいい本でした。

定期的に見返して、楽しもうと思います。

created by Rinker
¥2,750 (2021/06/15 10:28:55時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です