好きな写真を飾ってみたらすごく良かった話

写真を趣味にしている人なら現像してみるといいよ

先日バイクの写真展がありまして、友達も出展者として参加するとのことでしたので、見に行きました。すごく良い写真展で、すごいな、いいなと思いつつじっくり眺めてなにか今後自分の写真に活かせることはないかななんて。全体を通して色がすごく綺麗で、現像にすごい時間をかけているんだなぁ、もっとちゃんとやらないといけないなと考えるきっかけになったり、またやってくれないかな。


やってみると簡単

その後、のんびり過ごしていたのですが好きなサイトの方や、出展者の方が撮った写真は一度大きなサイズで出してみたほうが良いと言っていました。なるほどなぁと思って早速A4で出したところ、ワクワクするくらい良かったので、早速ダイソーで額を買ってきました。

壁に穴をあけたくなかったので、画鋲みたいなタイプではなく、はりつけるタイプの物でリビングの壁にはりました。

すごくいい!今回はA4にしたのですが、普通のサイズもまわりに飾ればよりいいかもですね。絵を手に入れて飾ろうかなぁと漠然と思っていましたが、こうやって思い出を飾る方が記憶が蘇ってきていいです。

色々と飾りたくなる

今まで撮った写真はInstagramに送るだけでしたが、今回の額に入れ飾ることでもっともっと写真が撮りたくなりました。家族と旅行に行くと、写真を撮るよりも遊ぶことに集中してしまって、重たい思いをしてもっていったカメラがただ邪魔になっていたこともありましたが、今後はそういうことも無くなりそうです。アウトプットの場を整理することで、今好きな事がもっと好きに、こだわりたくなります。当たり前のことなんでしょうが、ようやくその事が体験として理解できました。

やってみると簡単なことなんですが、何度でもしたくなる感じ。早くやっておけばよかったです。何気ない普段の景色でもいっぱい写真に撮りたいような気になります。あぁ、自分はこういうことがしたかったのかなと思います。大袈裟ですがw


写真を飾るという事

日常のふとした瞬間に目にするところに写真があると気分がいいです。朝の眠たい時間もちょっと元気になれるかも。

うちのリビングは白い壁紙で割と大きな面があるので、これから色んな写真で飾って心豊かに過ごせるようにしようと思います。