PhotoshopからPixelmator Proへ移行するべきか考える

写真編集ソフトは基本的にLightroomを使っています。

その流れで、ブログ用画像の編集について同社のPhotoshopを何も考えずに使っていますが、少し前にPixelmator Proというアプリを導入しました。

どちらの方がより使いやすいのかを考えて記事にしました。

とりあえずどちらも使っていこうと思っていますが、その考えに至るまでを書いています。

PhotoshopとPixelmator Pro

両者のできることの違いについて、ほぼないと言ってもいいかと思います。

専門的な分野に至るとおそらくPhotoshopの方ができることは多く、全く違うソフトだということになるのでしょうが、ブログ用画像の編集程度であればどちらも同じです。

そうなると月額がかかるPhotoshopと比べてPixelmator Proは買い切りアプリなので、安く使うことができます。さらにぼくは以前に行われていたセール時期に手に入れました。

とはいえせっかく安く手に入れたPixelmator Proなのですが、今のところ画像編集の中心はPhotoshopを使用している関係であまり活用できていない感じ。

これではもったいないので、しばらくPixelmator ProとPhotoshopを使い比べてみて、より良い方を正式採用しようかなと思いました。

Pixelmator Proの方が簡単な印象

Pixelmator Proのが機能を使うときに簡単な印象を受けました。

Photoshopの機能画面はかなり多くの項目が山ほどあって難しい。また、聞き慣れない項目も多くてとっつきにくい印象です。

Pixelmator Proは項目の数こそ多いですが、複雑な作業はそこまで必要としない印象を受けました。

また、Lightroomを使用しているような写真の編集機能も付いていますので、二つのソフトで行う作業を一つのソフトで完結させることも可能になっています。

そういう意味でも包括的に作業を行うことができますね。

Pixelmator Proの機能の中でも面白いのが「Ml Enhance」という機能。

これはPixelmator Proが自動でその写真に最適な明るさであったり色を調整してくれる機能です。

膨大なデータから導き出されるモノなので、結果も良好だと感じます。写真編集に悩むくらいならPixelmator ProでMl Enhanceを当てておけばいいでしょう。

簡単に操作できる機能が多いので、複雑な作業をしないのであればPixelmator Proの方が簡単でいいですね。

Photoshopは痒いところに手が届く

昔からPhotoshopの方を使ってきているので、慣れという意味でもPhotoshopは使いやすいソフトになります。

調整できる選択の幅に関してはPhotoshopの方が多いです。

合成などの機能についてはまだまだ知らない機能もたくさんありますが、例えば空の写っている写真があったとして、その空の部分だけを自動で夕方に変更する、なんて機能がPhotoshopにはあります。

空の置き換えという機能です。

全ての機能を把握して使っていくにはかなりの勉強が必要でしょうが、ぼくのしたい作業関しては一通り把握していて使いやすいです。

また、多くの操作に関する情報がネット検索で見つけられますので、困ったときでもぱぱっと解決できるのはいいことだと思います。

とはいえ、ぼくのような初心者には難しいソフトであることは間違いなくて、感覚的に簡単なのはPixelmator Proですかね。

どちらを使っていくのか

どちらのソフトもブログ用画像を作成するくらいの用途であれば問題なく使えるため、どちらかを使っていくということを決めることができませんでした。

しいていえば、複雑な作業をしないのであればPixelmator Proをメインにしていこうかなといった感じ。

とはいえ、今までのデータをPhotoshopには保存しているため、過去の自分のやっている作業を見返せるというメリットもあるんですよね。

もうしばらくは併用がベストな選択だろうと思いました。

併用していくうちに、もっと両方のソフトのメリット・デメリットが見えてきて最終的にどちらかをメインに使い始めると思います。

楽しい悩みになりそうなので、しばらく楽しみながら考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です