マウス?トラックボール?トラックパッド?ぼくはトラックパッドに落ち着きました

デスクでの操作に直結する問題なので真剣に考えてみた

MacBook Airをクラムシェルモードで使うときに

結論、ぼくは自宅デスクで使用するモノはMagic Trackpad2を選択しました。

トラックパッドが一番便利。

MacBook Airではデスクトップ画面を何枚か作っておいて、基本的に1画面に対して必要なアプリを1つ起動している状態で使用しています。

Control+数字でデスクトップをショートカットで表示して作業を行う環境ですね。

ブログを書くページ、タスク管理のページ、SNSのページ、音楽再生のページなどなど。自分のしたい行動を直感的に素早く実行するためにそのようにしています。

その画面操作について、ショートカット以外にも三本指でスワイプすることで操作できるようにしています。

マウス、トラックボールでもその操作をボタンカスタマイズで実現することはできますが、トラックパッドほど、直感的な操作ではないため、若干操作しにくい感覚を覚えます。

その点トラックパッドは優れていますね。

Better Touch Toolについて

Better Touch Tool導入しているので、トラックパッドの操作をカスタマイズしています。

そのカスタマイズした操作ができないと困る、というほどのことではありませんが、やっぱり使えないとなると不便。

マウス、トラックボールではそのカスタマイズした操作が使えないので、不便なんですね。

もちろんMagic Trackpad2であれば操作できます。この差をどう考えるかですが、個人的にはかなり大きな差じゃないかなと思います。

マウス、トラックボールの優位な点

マウス、トラックボールがトラックパッドよりも優れているところは細かい作業がやりやすいところでしょう。

特にLightroomでの編集作業を行うときは、細かい数字を操作するため、トラックパッドよりもマウスの方が操作しやすいです。そういう細かい作業に関してはやはりマウスやトラックボールの方がいい。

ぼくはトラックパッドの導入を決める前から左手デバイスのOrbital2を使用しているので、細かい作業も楽にこなすことができます。

その前提条件があるので、トラックパッドにしたとしても細かい作業に辟易することはありません。

トラックパッドが優位な点

トラックパッドの優位な点はとにかく操作が直感的に行うことができて、MacBook Airを操作するときと変わらない操作方法で操作できること

頭で考えなくてもさまざまなことが操作できるため、ストレスなく作業をすることができます。

Better Touch Toolでのカスタマイズに対応しているため、自分の好きな方法で作業できるところも大きいですね。

また、トラックパッドでの操作範囲が大きいので、ウルトラワイドモニターを使用していてもポインタの操作が楽。一気に操作することができます。

マウスと比べたときに、腱鞘炎になりにくいところもいいですね。腱鞘炎のことだけを考えるとトラックボールが一番負担が少ないでしょうが。

総じて直感的に操作できるところがマウスやトラックボールに比べて優れていると感じます。

デスク環境位を快適にする努力を惜しまない

トラックパッドの操作性がぼくには最も楽に感じるため、トラックパッドを選択しました。

作業効率もいいですし、キーボードの手前におくことで、MacBook Airと全く同じ作業環境になるのはいいですね。

かなり気に入っているし、特段ここが気になるというところはないのだけれど、もしもMagic Trackpad3に進化することがあればUSB-Cケーブルの充電方式になってくれるといいな。

Lightningケーブルもうあんまり使ってないから割と困ったりするんだよね。

デスク環境が快適だと自宅での作業が捗って仕方ない。休日があっという間に終わって、まだ家にいたいな〜と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です