小さい財布の完成形 求めていた財布はこの使い勝手『PRESSo L アメリカーノ』レビュー

毎日持ち歩くものはこだわりのモノでありたい。

小さい財布を買いました

現在使用しているお財布はアブラサスから販売されている薄い財布。

十分小さいですし何より薄いので気に入って使ってきたのですがそろそろ違う財布も試してみたいなと思っていたところにPRESSo Lが販売になりましたので何度かの即売り切れを乗り越えて手に入れることができました。

PRESSo Lについて

PRESSo Lはdripとトバログの鳥羽さんがコラボして作成された財布。

形状はL字ファスナーの財布で比較的オーソドックスな形です。

キャッシュレス時代の財布として作成されたdripのPRESSoの変化球バージョンといった感じ。

サイズは横11cm、縦7.5cm、マチ1.8cm。

価格は13,000円(税抜)と12,000円(税抜)、カラーによって価格が違います。

カラーは四色展開していて今回ぼくが購入したものはアメリカーノになります。

iPadケースをアメリカーノで購入したときにかなりキレイな色だったので気に入って今回もアメリカーノを選択しました。

L字財布は中身をファスナーを開けなければ取り出せない手間がありますがPRESSo Lは財布の外側にカードポケットが用意されているため手間なくカードを取り出すことが可能。

1週間実際に使ってみた感想

考えていたよりもはるかに使い勝手のいい求めていた財布。

財布にファスナーは考え方によって違うかもしれませんが個人的にはついていて欲しいかなと思います。

確かにわざわざファスナーを開けないと使えない財布は手間がかかるし面倒くさいという考えもわかりますが中のカードが落ちたりするのでファスナーがある方が安心感があります。

その手間についてもよく考えられていているので1週間ほど使った限りにおいて手間を感じるシーンはなかったです。

むしろ財布がより使いやすくなっていて求めていた理想の財布の形がこれなのだと分かりました

外側カードポケットについて

PRESSo Lに関してはファスナーが付いていてかつ財布の外側にカードポケットまで付いているのでファスナーを開けずにカードが取り出せます。

完璧すぎる。

カードポケットは財布を振ってもカードが出てこないくらいしっかりしているにも関わらず指でカード出そうとするとスッと出てくる不思議な設計。

これなら安心してカードを入れておくことができます。

この機構を思いついたのはすごいなと考えますし、実装してくれて本当にありがとうと思わずにいられません。

クレジットカードを入れてもいいと思いますし交通系ICカードを入れてもいいんじゃないかと思います。

ぼくはSuicaをスマホに登録しているのでクレジットカードを入れるでしょうがほかによく使うカードはないか探してみようかな。

サイズについて

アブラサスの薄い財布と比較すると縦横はPRESSo Lの方が小さいですがマチは薄い財布の方が薄い感じです。

とはいえマチ関しては微々たる差だと思いますし財布の縦横はサイズに違いがありますのでかなり財布が小さくなったように感じます。

ただ小さいだけではなく各種カードも結構な枚数収納することが可能になっています。

ぼくは4枚しか財布に入れるカードはありませんがカードを多く持ち歩きたい人も心配はいりません。

ふらっとポケットに財布とスマホだけ入れて出かけるのも楽々。

小銭の処理がとにかく楽

小さい財布を使っていて困るのが小銭かなと思います。

財布のサイズが小さい分だけ小銭をしまう場所が削られている感じです。

アブラサスの薄い財布は比較的小銭をしまうのに苦労が少ない方だと思いますがそれでもきちんとしまわないと入らないのでちょっと手間を感じるところもありました。

PRESSo Lは小銭入れのスペースがかなり入れやすく作ってあるので何も考えずにポイッと放り込むだけでいいのが考えていたよりも数倍便利です。

ゆとりのある作りなので小銭に限らず小物であればしまうことができますので鍵とかをしまっておいてもいいかもしれませんね。

お札を三つ折りもしくは四つ折りにする手間が気になる

慣れの問題だとは思いますがお札を三つ折りにしないと財布にお札が入りません。

現金を使う機会がほぼなくなって来ているのでそこまで気になる部分でもないと言えばないんですがそこだけは注意が必要かなと思います。

ぼくは外出する前に現金を確認して足りない分だけ補充すればいいだけなので問題ないだろうと思って購入しましたが、お札を三つ折りにするとか面倒なので無理という人には向いていないです。

慣れればどうということはないですし四つ折りとかなら二回折るだけでいいのでもしお釣りで多くのお札を受け取ったとしてもささっとしまうことができます。

まとめ

サイズは小さいですが見た目よりもかなり容量があるためカードの多い人や小銭をたくさん持ち歩く人にも安心。

PRESSoがその道を突き詰めたようなモノであればPRESSo Lはもう少し現金派の方に寄り添うような感じでしょうか。

旅向けの財布として開発されたそうで確かに海外などに行く際もこれは便利なんじゃないかなと思います。

気になるお札の処理についても慣れの問題ですしそもそも現金をそこまで多用するわけでもないなら問題にすら思わないレベル。

ぼくも現金はどうしても現金のみでない限り使わないので全く困ることはありません。

交通系ICカード付きではない自販機で買い物する時とかちょっと古めのお店で食事をした時くらいですかね。

それくらいならなんとでもなります。

ファスナーでしっかりとした作りでありつつ使い勝手の良いポケットのついた小さい財布。

個人的にかなりおすすめできる財布なのでもしきになる人は一度手にとってみてはいかがでしょうか。