ショルダーバッグを作ってもらったはなし。オーダーメイドで理想のバッグ

理想のカバン

仕事に使うバッグはトートバッグがありますし、リュックもあります。近所のコンビニにはサコッシュ的なカバンがあります。カメラを持ってお出かけするショルダー、バックパックもあります。たまに入れ替えがありますが、基本的に同じバッグを使用しています。

色んなバッグを持っていますが、少し困っていたのが休日に使う普段用のバッグです。ボディバッグを持っていますが小ぶりで、もう少しだけ荷物を入れたいなぁと考えていました。

何かいいバッグはないかなと、色んなお店で探しますがどうもしっくりきません。実物は見れませんが仕方ないと思い、ネットで探してみると良さげな物がありますが、少し前の情報のようで現在ではどこにも販売していなさそうです。

ないモノは作ればいいじゃないか

そこでしょうがないな〜と思える性格ならよかったのですが、今この世にないのなら作ってもらえばいいんじゃない!と考えてしまう性格なので、以前シートバッグを製作していただいたクラフタさんに再びお願いすることにしました。

まずクラフタさんに依頼する前に自分で可能な限りイメージ図を書きます。ここのところiPadを使い倒しているので作業自体はとても簡単にできました。何より自分が使いたい形を起こしていく作業なので、スムーズに作業できます。

完成したイメージ図を送信して、出来上がりをのんびり待って、完成しました。

完成!

これです。

 

スエード生地が綺麗で、開閉もしやすくジッパーになっています。バッグ上部は折れるようになっていて、カチッとマグネットで固定できる作りになっています。

この開閉の部分は普段の使い心地というか、使いやすさに直結する部分なので、極力簡単に開け閉めができてかつ見た目の良い状態にしたかったので、今回の出来上がりはまさに理想的です。カチカチと無駄にやりたくなるほど気持ちいいです。

留め具のレザーベルトも色がすごくいいです。ベージュのスエード生地に映える色というか、 カッコいい色です。飾りに金具もつけてもらいましたので、雰囲気がすごく出ています。

ショルダーバッグとボディバッグ、さらにサコッシュ的な使い方ができればいいなと思っていたので、長さを調節できるような形のベルトにしてくださいとお願いしました。さらに、あまり細いベルトだと荷物が重くなった時に肩に食い込んで痛くなるので、極力太めのベルトにして欲しいとお願いしました。

そこで作ってもらったベルトがこちらです。太めのベルトに長さ調整可能な金具。長さも短かすぎなく、長すぎない絶妙な長さを指定しましたので、使いやすいです。

内装について

中に仕切りを設けています。普段出かける時に財布や鍵などを他の荷物と分けることで取り出しやすくしています。iPadも入るかな〜と思いましたが、少し厳しいかもです。でも入れることができればすごく便利なので、なんとか方法がないか模索してみようと思います。

こちら側にもジッパーつきのスペースがあります。よくあるタイプのスペースですね。鍵なんか入れておくのにちょうどいい感じです。ちょっとしたものが入るので、便利ですよね。

バッグをオーダーで作ってもらうのは初めての体験で、すごく満足感のあるバッグになりました。日常生活の相棒としてこれらかいっぱい使っていこうと思います。