SR400にアラゴスタのリアサス長期使用レビュー

こんにちは、バイクに乗れない日々が続きますね。

とはいえ実はそれほどツラく感じてはいなくて楽しく過ごしていたりします。iPadを使った遊びもたくさんありますしね。

ふと思いついてアラゴスタの長期使用レビューを書いて見ることにしました。サーキットは走っていませんのでそのあたりの限界走行での性能は分かりませんが、一般的に使用する帯域での長期使用レビューになります。

長く付き合える最高のリアサスですよ。

SR400にアラゴスタのリアサス長期使用レビュー→どこまでもいける足回り

長期使用した結論は「快適かつ踏ん張りの効いた走りができる最高のリアサス」です。

様々なサスペンションを試してきましたが長距離の疲労感などは最も感じにくいです。どこまで走っても身体が疲れていると思わないのでずっと走っていられるように思います。実際、広島ミーティングに参加するために中国道を走りましたが、道中寒すぎて休憩することはあっても疲れで休憩する感じではありませんでした。帰り道も特に疲れたなとは思いませんでしたし。

疲れにくいだけでなく山道などクネクネとした道を走るのも全く恐怖感を感じません。かなり踏ん張りのあるリアサスだと感じますし、タイヤをブロックタイヤにしていた時ですらなんら思うことなく走り抜けることが可能でした。

走るステージを限定しない最強のリアサス、アラゴスタ。そのモノについて詳しく見ていきます。

アラゴスタについて

アラゴスタと聞いてわかる方は車のサスペンションで知っている人でしょうか。車のサスペンションとして有名だそうです。その道に詳しい人は車に装着している人もいるかもしれません。

SR400用も存在していてクセのない素直な動きが魅力的なサスペンション。カラーはオレンジがメーカーの色でしょうか。オレンジな印象があります。ぼくのは黒ですが。

ぼくは新古品として譲ってもらいました。前のオーナーさんは知る人は知っているこだわりのオーナーさんなので何の不安も感じることなく譲ってもらいました。

ロッドの太さが16mmとかなり太いため他のサスペンションではなかなか味わえない迫力があります。剛性の高さを感じるところですね。

ぼくのアラゴスタは足つきの悪さ重視

身長が188cmと高めな身体をしているためSR400にまたがると膝が曲がりっぱなしになります。地面が近すぎる感じです。

そのためエンドアイを最大限高めに設定しています。

フェンダーの後ろ下がりを解決する僕なりのやり方

若干窮屈感はマシになりましたし、立ち姿もかなりカッコよく変化してくれたのでかなり気に入っています。他の人がまたがると足つき悪く感じるようですが。

レアなケースではあると思いますが個人的にすごく大事な車高調整を機構だけでなくエンドアイを交換することでさらに調整していける懐の広さもいいなと思う部分です。

フロント19インチ、リア17インチのリムを装着していて、さらにスイングアームも3cmロングにしています。そのため直進安定性は抜群です。そこでリアサスを伸ばすことににより、前後のバランスをとって走りやすくしようという狙いもあります。

本当ですよ、足つき悪くしたり見た目だけでやったわけじゃないんですよ。

オーリンズとの比較で感じたこと

アラゴスタの前に装着していたのはオーリンズレジェンドツイン。オーリンズも名の通った素晴らしいサスペンションなので正直、交換するのはどうなのかなと思いましたが、思い切って交換することにしました。

結果的にどちらも素晴らしいサスペンションです。ただ、両方乗った感覚では性格がかなり違うように感じました。

オーリンズの方がサスペンションの動きが速いように思います。高速も低速もキビキビ動いて次々と現れる路面状況に対応していくようなそんな印象。

アラゴスタはしなやかに動き踏ん張って動くように感じます。コーナーの奥の方でぐ〜!と踏ん張って安心感が段違いです。怖いとか曲がりにくいなどのネガティブな部分を感じないいいサスペンション。

どちらがより良いとかではなくどちらの考え方が好きかなのだと思います。

ぼくの過去のリアサス遍歴

リアサスはそんなに色々試してきたわけではないですが、ちょっとずつ試してきました。

遍歴はこちら

純正サスペンション→棒→

カヤバ→

ナイトロン→

オーリンズ→

アラゴスタ

ナイトロンはロッドコーティングをしたりして楽しみながら乗りました。ロッドコーティングをするとシュルシュルになって面白かったです。

オーリンズに変更した際はフロントフォークをオーリンズにしたタイミングで、前後揃えようとした結果です。

調整機構が多いから自分の設定を出しやすい

アラゴスタのいいところに調整機構の多彩さがあります。

圧側高速減衰調整

圧側低速減衰調整

伸び側減衰調整

車高調整

プリロード調整

 

かなりの段数で調整ができますので、自分の設定を出すことが可能です。また、圧側の高速、低速減衰もありますし伸び側減衰調整も可能なので、ここがもう少しなんとかなればなというネガティブな部分を徹底的になくすことができます。

自分の狙い通りの動きをサスペンションがしてくれるので大変気持ちがいい。

1段階の変化量が大きいので調整して行く時は1段階ずつがいいです。闇雲に変更すると違和感をすぐに感じることになると思います。

5段階も回すともはや別物になることでしょう。

 

リアサスを変更しても変化を感じられない件

リアサスを交換しても変化を感じられないという人もいるかと思います。個人的にそれもあることじゃないかなと思います。

それは以前のサスペンションの設定を現在のリアサスでも設定できているということです。同じ設定になっていれば変化がわかりにくいというのもわかるかなぁ。

厳密にいうと動き方など変化するはあるはずですなんですが、それを感じ取るのは難しいかもしれませんね。感じ取りやすい極端な状況に持ち込むなどが必要かもしれません。サーキットに持ち込んでみるとかですかね。

もしくは狙いをはっきりさせてからその部分にフォーカスして交換した場合は変化量を感じやすいと思います。いわゆるカラーバス効果というモノを狙う感じですね。

機会があるなら試して欲しいアラゴスタ

お値段がかなりしますので、なかなか気軽にこれにしたらいいやんと言いにくいリアサスですが機会があるならおすすめしたいです。

理由は結論通り快適に踏ん張りの効いたステージを選ばない走りができるから。

長距離走行だろうと山道をスイスイ走ることだろうとステージを選ばない快適さがあります。

自分仕様に設定をいくらでも変更できるのでなんだかしっくりこないなと思うことはまずないはず。

投資するには高いですが効果は確実にあります。興味がある方はこの外出しがたい間にちょこちょこお金を貯めてやってみてはいかがでしょう〜。