SR400をカスタムしてツーリングを快適にする方法

こんにちは、SR400に乗ってそろそろ9万キロが見えてきました。

日帰り長距離ツーリングを何度もしてきて、快適に走ることができないと辛くなることを文字通り身をもって知っています。

SRツーリングに参加すると同じバイクなので走るペースも同じになります。

ですが、快適に走れる帯域というのは少しずつ違うことが多いです。

特に純正のスタイルで乗っている人と走ると、速度によっては辛そうに見えます。

カスタムすることで快適にツーリングに行けるようになる方法を書いています。

エンジンブレーキがキツいであるとか低速でのギアチェンジが忙しい人は読んでみてください。

SR400をカスタムしてツーリングを快適にする方法→スプロケットの高速化

結論ですが、「スプロケットを高速よりに変更」がいいです。

SR400の純正設定のスプロケット、ショート(低速)は快適なのですが高速道路を走行する時など、振動が身体中に響くような感じがしますよね。

低速で使っているパワーを少し高速にも分けてもらいましょう。

スプロケット交換のイメージはそんな感じで、どこかのパワーを分配するイメージです。

スプロケットを交換するとパワーアップするわけではないですよ。

SR400のスプロケットを変更するとツーリングは快適になる

ではなぜスプロケットを変更して低速のパワーを高速に分けると快適になるかですが、理由は速度を出すのに必要な回転数が低くすることができ、ギアチェンジが忙しくなくスムーズに走れることです。

スプロケットを交換する前のSR400は低速にパワーがよっているので、発進した後すぐに1速がしんどそうな帯域に入ってしまいギアチェンジが忙しくなりがちです。

1速で動き出してすぐ2速、ちょっと走ってすぐ3速といった印象ですよね。

少しの間ならいいんですが長時間になるとこの動作が忙しくて、ツーリングが疲れるなと感じる原因になります。

スプロケットを変更すればそのギアチェンジの間隔を伸ばすことができます。

1速で走り出して2速に入れるまでかなり余裕ができますし、設定によっては3速で一般道の車の流れに乗ることも可能です。

さらにSR400は低速にパワーのあるバイクなので、高速にそのパワーを分けても発進がしにくいなどの弊害は感じないはずです。

SR400でツーリングを楽しむために使いたいその他のパーツ

結論は「その他のパーツは好みで変えてもいい」です。

アンダーステムを変更してカッチリした走り心地にする、リアサスを変更して後輪の動きを楽しむ、キャリアをつけて山のように荷物を積載する。

どれもツーリングが楽しくなります。

先日Twitterでカスタムのブログ更新によくもの田中さんが書き込みをしてくれたETC装着なんかも便利でいいですよね。

その中でどれか1つとなるならやっぱりアンダーステムの変更をおすすめします。

SR400は後輪で曲がるバイクと言われますし、確かにそうなので理屈でいけばリアサスの変更が王道なのかもしれませんが、ぼくはアンダーステムの変更の方が変えた時の変化がわかりやすかったので、そちらをおすすめしています。

快適性=地面からの突き上げを感じない良いサスペンションと考える人もいるでしょうが、走行中ずっと地面からの突き上げがくらっているわけではないですし、普通に走っている状態を快適にした方がいいと考えました。

SR400でツーリングするけど振動が気になる→純正パーツは外さない、振動感に影響します

純正パーツ、カスタムすると外すことになりますがツーリングを快適にしたいなら外すと悪影響があるパーツがあります。

フェンダーです。

SR400の純正フロントフェンダーはかなり優秀で振動をかなり抑えています。

外すとよく分かりますよ。

ぼくはSR400の振動を気にしない方ですが、純正フェンダーを外した直後は振動をとても感じるようになりました。

あのフェンダーはいいモノですよ。

カスタムをしていって雰囲気に合わないなどの理由がないのであれば外さないことをおすすめします。

SR400でカスタムをして快適ツーリングをしましょう

純正で気になるところはないならそれに越したことはありません。

でもツーリングに行きたいけど乗っていてギクシャクするなと感じるのであればスプロケットの交換を検討してみてはいかがでしょうか。

スプロケットは消耗品ですし、交換して良くなることはあっても悪くなることはないですよ。

メンテナンスを兼ねたカスタムです。

快適に走れるようになればラッキーくらいの感覚でチャレンジしてみてください。

楽に走れて快適ツーリングで楽しいSRライフを過ごしてください。