スクランブラーSRにはブロックタイヤが似合う『ブリジストン AX41』レビュー

以前履いていたメッツラー カルーⅢからミシュラン アナキーアドベンチャーに変更してしばらくになります。

アナキーアドベンチャーはとても良いタイヤでかなりオンロード性能が高く、タイヤを潰しながら曲がっていくような感覚のあるとても優秀なモノ。

オンロードを主体に走ってたまにオフロードも走りたい人にはこれ以上のタイヤはないと思います。

ただ、ぼくはフロント19インチ、リア17インチの走り始めがカルーⅢというタイヤを履いたこともありどうしてもオンロードタイヤ同様にタイヤを潰しながら走れることに違和感が。

走りやすいことに違和感を感じるというのもおかしな話ではありますがフロントを振り回すように走れるカルーⅢが個人的に最高の走りやすさだったりします。

いつものようにバイク工房グリーンティーさんに相談をしてどうせなら他のタイヤも試してみようと選んだのがブリジストン AX41です。

ブリジストン AX41

ブリジストンが本格アドベンチャー向けタイヤに初参入したのがこのAX41。

ビジュアル面がかなり印象的なタイヤでライフ性能も重要視されて作成されているようです。

交換後走って最初に感じたのはカルーⅢ同様走行中は全くブロックノイズを感じないこと。

バイクを押しているときはゴツゴツとハンドルにブロックを感じるのですが走り始めると全く感じない普通のオンロードタイヤのよう。

オンロードのグリップもその見た目からは想像できないほどに良く、いわゆるコケる気がしないタイヤ。

SRで走った印象は硬めなタイヤな感じがしてカーブを走行している時に積極的に曲げる意識がないとカーブで膨らむこともあるでしょうが、意識的に曲げることで思っている走行ラインをトレースできます。

アナキーアドベンチャーとの感覚の違いがありましたがこれはこれでバイクを操る感覚を最大限楽しめるので好印象。

ライフ性能に関してはこれからなので分かりませんがブロックタイヤなので良く持ってもオンロードタイヤほど保つことはないんじゃないかなと思っています。

硬めのタイヤなので曲がる感覚が違う

AX41、SRの車重が軽いこともあるのだとは思いますがタイヤは硬めな印象を受けました。

カーブを曲がる時に曲がるつもりで体を入れていかないとカーブで膨らんでいくような。

とはいえ曲がりにくいわけではなくて今までのタイヤと印象が違うというだけです。

オンロードタイヤのようなタイヤを潰して走るタイヤだと体を入れて曲げる意識がなくても自然と曲げることできますがAX41に関しては曲げる意識がないとタイヤが潰れて曲がっていくことはなさそう。

しっかりタイヤが路面をグリップしている感覚はありますし滑るような危惧は全くありませんがそこだけは注意して乗らないといけないなと思っています。

ただその曲がる意識が大切な感覚はカルーⅢを履いていた時も感じていた感覚でかなり楽しいです。

なんというか帰ってきた感があってSRに乗るのが楽しくなっちゃいます。

走った感じは静かな印象

押し歩きの際はタイヤのブロックがハンドルにゴツゴツとした感触をもたらしますが、走り出した途端に全く感じなくなります。

カルーⅢは低速時はゴツゴツとしていましたがAX41に関しては低速時にもゴツゴツ感はありません。

かなり静かなタイヤだと感じました。

カーブを曲がる時もサイドの設置面積的にあまりバンクすると危険かもしれないなと思っていましたが実際に走ってみるとそんなことは一切なくてしっかりとしたグリップ力を感じ取れます。

不安要素は全くないので安心して走ることができるはず。

また静かなタイヤなので走っていて疲れてくるということもありません。

高速道路での走行でも手が痺れるようなことはありませんし、座っているシートに振動を感じることもない。

もちろん高速道路でもゴツゴツ感は感じません。

そのためどこを走っていてもタイヤが原因で疲れるということはないはず。

見た目のワイルドさからは想像できないほど紳士的なタイヤかもですよ。

未舗装路の走破性が高い

未舗装路での走破性は見た目通りの性能をもっていますのでどこでもいけるタイヤです。

とはいえガチ勢の方からすると物足りないのかもしれませんがアドベンチャーツーリングくらいであれば十分以上に事足ります。

個人的な感覚ではカルーⅢよりも未舗装路の走破性能は高いんじゃないかと思いました。

ブリジストンも固くしまったドライな土、砂利道などを想定しているとしていて、逆にブロックの間に泥がつまってしまうようなヘビーマッディな路面では役不足かもしれないとしています。

ぼくはそこまで本格的なマッドな路面を走ることはありませんので、フラットなダートや砂利道くらいをちょうどよく走れるのであれば良い感じだと思います。

カルーⅢはもう少し本格的な路面に強いタイヤだったのかもですね。

だからぼくが普段いくような未舗装路であればAX41の方が走りやすく感じたのでしょう。

これからはこのタイヤと走っていく

今回タイヤ交換をしもらって思ったのはブロック深めのタイヤの方がぼくのSRには映えるということ。

やっぱりボコボコしているタイヤの方がかっこいい。

走行性能についてもぼくの使い方にかなり適しているので快適そのもの。

タイヤを操る楽しさもありますし実用的にも問題なし、何より見た目が本当にぼくのSRにピッタリ。

ゴツゴツした走り心地になるかなと心配しましたが杞憂に終わってよかったなぁと思いました。

ピッタリとハマるようなカスタムになって本当によかったです。

これからどんどんこのタイヤで走りに行きたいですね。