暑い夏にメッシュ以外の選択肢を 『HYOD UCHIMIZU』 レビュー

いつも使っているメッシュジャケット、自然に着ることのできるデザインでとても気に入っていましたが、ちょっと停車時に暑いなぁと。

何かいいのがないかなぁと探した所、ちょっと面白そうな商品を見つけました。


HYOD UCHIMIZU

なんでも、気化熱を利用して涼しくするみたいなことが書いてあって、ロードバイク的な雰囲気がしますがなかなか良さそう。

早速注文しましたが、なかなか届かず先日ようやく届きました。人気があるということは、これは効果も期待できるのでは!

見た目について

こんな見た目です。

家族にはやはりロードバイクの人みたいねと言われました。確かにロードバイクの人たちが着ている感じがします。ロードバイクに乗る人たちは風の抵抗なども考えているので、その人たちの格好に近いということは理にかなった形状をしているということだろうと思います。

バイクで涼しい格好というのは風の抵抗を受けやすかったりして疲労を感じてしまったりするので、よくできているのではないでしょうか

夏の暑い日に感じたインプレッション

SRは入院中なので、カブに乗った感覚ですが、暑くないです。

伝え方が難しいですが、涼しいなぁといった感覚ではなく、止まっていても走っていても一定の暑くない感覚が続くような。そんな感じを受けました。

メッシュジャケットではないので、風は通さないだろうと思いましたが、薄手の生地なので、風を感じます。ただ、カブくらいのスピードだと、走っていて疲れるような走行風とは思いませんでした。

極度に涼しいとツーリング先で温度調整が難しいので、これくらいがちょうどいいのかもしれません。

涼しいより暑くないなぁと感じたのはちょっと意外でしたが、疲労を考えるとメッシュジャケットで風をあびつづけるより、疲労しないのではないかなぁと思います。

何より停車時に暑くないのは快適です。メッシュジャケットはそこがネックですからね。

安全装備も充実

薄手の生地ですが、肩や背中、肘にちゃんとプロテクターが装着されていますので、転倒するようなことがあってもそれらの部位は大丈夫だと思います。そこを守ることが大事だと思いますので、ちゃんとしてるな〜と。


今回感じたのは、涼しさはメッシュジャケット、暑くないのはウチミズジャケットでした。暑くないという不思議な感覚、どの程度の暑さまでは許容しているのか気になる所なので、検証しなきゃなぁと思いつつ、こんな日に検証してたら倒れちゃうなぁとも思ったり。ビビってます。

でも気になるので、もっとツーリングなんかで使ってみたいと思います。