SR400に僕が考える理想のフェンダー取り付け

スクランブラーへと寄せていく

外装の塗り替えやリアフェンダーを大きく仕様変更してスクランブラー感が感じられるカスタムを行いました。さらにエンドアイも延長し、より視覚的にも気持ちの良いスキッとした車体になりました。外装関係で残ったフロントフェンダーですが、実はこれも色んな可能性を検討していました。新規に作ってももらうか、既存の商品を加工するか、現状のままステーを追加するかなどなど。どれも加工難度が高いこともあり、どうしたものかなぁと思っていましたがすこし前に好きな形で安くヤフオクに出品されていたフェンダーがあることを思い出し、これはどうだろうかとバイク工房グリーンティーさんに相談に行きました。

まずはつけることが可能なのかを確認しなければ

今回使用するフェンダーはシックデザインの物です。たまたまヤフオクを見ていた際に安く出品されていまして、好きな形状だったので何かの時に使うかなぁと思い落札しておいた物です。本当に使うとは思いませんでしたが。

今までのカスタムの結果として普通ならつくパーツがつかない可能性もありますので、仮組みしてみます。フェンダー本体とステーをバラしてステーを当ててみると問題なくつきそうでしたので、塗装の旅に出てもらいました。

今回もデザインは自分で起こしたものを使って塗ってもらいました。

前回の外装の時と同様のコンセプトでデザインしたので、どこかで見たような外装ではありますが、なかなかいい感じだと思います。ただ、タンクとフェンダーで材質が異なるため同じような色というか質感というか何か違和感が出なければいいなぁと思いながら完成をのんびり待ちます。

フェンダーがもたらす視覚的な効果

完成したとの連絡を受けていそいそとツーリングの帰り道に寄り道していくことにしました。フェンダーなのでサクッと交換してしまおうかなと作業しますが、どうやっても入りません。仮組みではいけたのにどうしてだろうと思いましたが、仮組みの時はステーとフェンダー本体をバラしていて、フェンダー本体と同時にあてがうのは今回が初めてなんだと気づきました。

こうなるとフェンダーの交換をするのに前輪を外す必要があります。さすがにちょっと焦りましたが、それ以降は作業をお願いして装着してもらいました。

完成した姿

なかなかカッコいいです。タンク下部の色をそのままフェンダーにもってくるような感じで塗装してもらいましたが、狙い通りにはまりました。スクランブラー感のあるフェンダーステーですが、本来であればもう少しフェンダーが高い位置に装着できるようになっています。しかし、あまりフェンダーを高い位置にしてしまうと車体に取り付けてあるオイルクーラーにフェンダーが刺さるような事態になりかねません。実際すこしの間走ってみると当たりはしないものの、オイルクーラーの蓋にカスっているかもしれないような跡が残りました。本体に影響はなさそうですので、冬が終わりオイルクーラーの蓋が必要なくなれば全くかすることもないでしょうが、最初にカスっているような跡を見た時は焦りました。

ともあれカッコいいフェンダーです。悪いバイクになったなとの評価をもらいましたってちょっとご満悦です。

アップタイプのフェンダーも見た目は好きなんですが、走ると色んな巻き込みを気にしないといけないような気がしてしまって、このくらいの高さがバランスの取れている高さなのかもな〜と思います。アップフェンダーのバイクを見るとカッコいい〜と思っていますのでそのうちオイルクーラー横付けにしてもう少しフェンダーを高くするかもですが、う〜んどうでしょう。

現状のカッコよさを大事にしたい

一気に色んなカスタムをして外装も赤からガラッと白に変更しました。今回のフェンダーで色的なカスタムはひと段落です。ずいぶん様変わりしましたのでしばらくはのんびり眺めて過ごそうと思います。冬だし、寒いし。

フェンダーの高さもつらつらと書きましたが、現状で不満なくカッコいいと思っていますしこのままでいこうと思います。何よりせっかく完成した車体をのんびり楽しまないと損かななんて思いますし。何か気になればまたカスタムすればいいかな〜なんて思えるところもSRならではの魅力なのかなと感じます。まぁ純正のスタイルが一番カッコいいんですけどね〜。

ともあれスクランブラーっぽさが増した自分のSRを見ていると、自分がバイクに乗る際の格好とかも気になり始めました。スクランブラーっぽい格好てなんだろうな〜と思いますが、VMX的なすこし古いような服装を調べてのんびり揃えるのも楽しいかもしれないですね。

出来上がったSRのカッコよさや空気感を大事に乗っていきたいと思います。