FUJIFILM X100Vを買った理由とファーストレビュー

フジフィルム、最近フィルムカメラを使用しているとフジフィルムのフィルムを使うことがありまして少し気になっていました。

最近とてもいいなぁと思う写真家の方もフジのカメラを使っているということもあり俄然気になってしまって勢いで購入を決めてしまいました。

今回購入したのはX100V。

いわゆるコンパクトデジタルカメラに分類されるタイプのレンズ交換ができないフジフィルムのカメラです。

FUJIFILM X100Vについて

X100Vはいわゆる『話題』になったカメラ。

それゆえにあまりいい印象は持っていませんでしたが元々X100Fに興味があったのでまぁいいかと思って手に入れることにしました。

コンパクトデジタルカメラにしては大きなサイズで、SONY RX100シリーズと比較すると何倍くらいになるのかな。

画素数は2610万画素でセンサーサイズはAPS-Cサイズ。

このサイズでAPS-Cサイズのセンサーが付いているのはなかなかすごいですね。

重量は478g。

軽いのですがコンデジとして考えるのであれば重たい部類に入りそう。

バッテリーは通常で350枚撮影できるくらいなので1日撮影して動く時には予備のバッテリーが欲しいところです。

もしくはUSB-C接続ができてPD充電にも対応しているのでモバイルバッテリーを持ち歩くようにするなども良いと思います。

SDスロットは1つ。

このサイズのカメラとしては普通だと思います。

レンズは単焦点換算35mm F2のレンズ

レンズは35mm換算で35mmの標準的な単焦点レンズ。

レンズだけで見れば23mmのレンズが付いています。

本体からあまり出っ張っていないのでパンケーキレンズのような印象を受けます。

最短撮影距離は約10cmなのでかなりよって撮影することができますので、テーブルフォトなんかはおまかせな感じですね。

実際かなり撮りやすいですし、そのサイズやデザインも相まって違和感なくテーブルのモノを撮影することが可能です。

35mmは標準域の中でも広角よりなので50mmに慣れている人はちょっと注意が必要です。

個人的にα7RⅢで40mmのレンズをメインレンズにしているので違和感はそんなに感じないのですがそれでもちょっとの違いを感じたりして違和感があったり。

まぁ、慣れですよね。

写り、色使いが抜群に良い

ソニーのRAWはフラットな印象に対してフジフィルムのRAWは鮮やかさを感じるような気がします。

センサーが写すデータの段階で違いが現れるとは思いませんでしたが比較すると若干違いがありますね。

ソニーのRAWは現像で手を加える前提でフラットにしているのに対してフジフィルムは正解があってそこに向けて色作りがなされているようなそんな感じを受けました。

好みはあると思いますが個人的にはフジフィルムの方が好き。

フジフィルムの色作りがキレイと言われる訳が分かった気がします。

早く本格的に外で撮影してみたいですね。

操作が特殊なカメラ

いわゆるモードダイヤルは付いておらずシャッタースピードやISO感度、絞り、露出補正はそれぞれのダイヤルでの操作になっています。

とはいえオートモードも付いているのでその組み合わせで絞り優先、シャッタースピード優先を切り替える形。

人によっては手間を感じるかもしれませんが、カメラやガジェット好きはたまらない仕様じゃないかなと思います。

毎回ガチャガチャ変更するわけではないでしょうがやろうと思えばフォーカスも含めてマニュアル撮影も可能というのはなかなかこだわりを感じます。

個人的にチルト最高

バリアングルは便利なんですが出したりしまったりの手間を考えるとチルトの方が好きです。

X100Vは液晶がチルトになっているので必要があればスッと出してパタンとしまうことができます。

ファインダーを覗いて撮影することをメインに据えているカメラなのでバリアングルは邪魔になると判断されたのでしょうか。

そうだとしたらナイスな判断、ありがとうフジフィルム。

まだ子どもがハイハイをしているのでチルトがあるとすごく撮影しやすい。

必要な時に必要なことができて邪魔にならないのはすごいことですよね。

デジタルテレコンは面白い機能

35mm相当の単焦点レンズが付いているX100Vですが、jpegに限ってですがデジタルテレコン機能が使用できます。

デジタルテレコン機能は50mm、70mmの画角を電子的に再現できるモード。

35mmだけでは画角が広いなぁというときにすぐに変更できるのはとても便利。

テレコンバージョンレンズも販売されていて、物理的に50mmに変更する手段もあるのでそちらの方が自然な画角になるんだろうなと思いますが何せ25,000円となかなかの高額。

さらに取り付けもネジ式なので手間がかかるそうなので導入は見送りかなと思っています。

レンズもなかなかのサイズでX100Vのコンパクトさが損なわれるところも気になるかな。

USB-CとPD充電に対応なのは素直に嬉しい

カメラのバッテリー管理、苦手なので時にバッテリー充電忘れてたと出先で気づくこともしばしば。

スマホがUSB-CなのでUSB-Cケーブルは持っているのですがカメラ側の端子が違って充電できないなんてことになっていましたが、X100VはUSB-Cケーブル対応。

これで充電を忘れていてもモバイルバッテリーで何とでもなります。

さらにPD充電にも対応しているのでパパッと充電して撮影することができます。

いいぞぉ。

バッテリーが早く消耗するようなのでそういった面でもモバイルバッテリーで充電できるのは大きいですね。

途中休憩をしつつ充電をしてまた撮影のためにうろうろすることができます。

見た目が最高にカッコいい

購入のきっかけになったのは特徴的なこの見た目。

まるでフィルムカメラのような佇まいで最高にカッコいい。

今までスペック重視でモノ選びをしてきましたがこういう見た目を重視したモノ選びも楽しいですね。

このカメラであれば首から下げていてもファッション的のも首のコリ的にも違和感なく街歩きができるかなと思います。

ファインダーの切り替えが面白い

ファインダーは電子画面と実物、その両方の混合を選択することができます。

これがなかなか面白くて実物を見ている状態だといわゆるレンジファインダー的な雰囲気を味わうことができます。

電子画面は液晶に表示されている画面そのままなので実用的ですし、混合の状態だとフォーカス位置が小さい画面で電子的に表示される窓があるのでそこでピント合わせをすることもでします。

面白い。

とはいえ実用の上では電子表示が便利だしそればかり使うことになりそうだなと思いますが。

カスタムしたポイント

カメラ本体が到着してまず液晶の保護フィルムなどの貼り付けをしましたが気になるところがいくつか出てきました。

まずシャッターボタンが押しにくく感じたこと。

レンズのプロテクターは必要じゃないかと思ったこと。

レンズフードが立派なのですが立派すぎて写真を撮る時に外した後ポケットに入れるにも大きいしどうしようかなと思ったこと。

この3点についてカスタムして使いやすい状態にしようと思ってすぐに取り組みました。

シャッターボタン

シャッターボタンにネジ穴が付いていてボタンをつけることができます。

最初はいらないかなと思っていましたが実際に使用してみるとX100Vのシャッター半押しまでの遊びが多くて操作しにくいと感じる場面がありました。

シャッターボタンが浅めなのに半押しは深めに設定されているので指が大きいとちょっと押しにくいかなと思います。

そこでボタンを装着することでボタン操作性を良くして半押しまでの感覚を変更することにしました。

物理的な高さが出ることでかなり操作しやすくなりましたし、見た目にもアクセントになっていい感じじゃないかと思います。

今回は木の質感のタイプを選びましたがアルミのタイプなど様々なモノがあるので気分によって変更できるところもいいですね。

レンズアダプター

レンズアダプターはX100Vにレンズプロテクターを装着するために必要なパーツです。

通常の状態ではレンズプロテクターを装着することができませんのでレンズプロテクターを使用したい人は必須のアイテム。

レンズフードがあるのでプロテクターはいらないのかもしれませんがやはりプロテクターは保険としてつけておきたい。

ましてや初めて使うフジフィルムのカメラですし、ここはプロテクターをちゃんとつけることにしました。

まずレンズのフォーカスリングの前に付いているリングを外してそこにレンズアダプターを装着します。

そうするリングの交換ですね。

そうするだけでレンズプロテクターが使用できるようになります。

49mmのレンズプロテクターなら基本的に使用できると思いますが今回は『HAKUBA 49mm XC-PRO』を使用することにしました。

色が黒いレンズプロテクターなのでそれ単体では浮いてしまうかもしれませんがレンズフードとの組み合わせでうまくいくだろうと狙って黒にしました。

レンズアダプターを使用すると純正のレンズフードが使用できなくなるので対策が必要になるのでレンズフードも新たに購入しました。

レンズフード

レンズフードは純正のモノではなくペンタックスのモノを使用しました。

いわゆるフジツボフードというのですがスッキリ感があってかなりいい感じです。

レンズプロテクターを装着すると純正のフードが使用できなくなるためフジツボフードにしましたが毎回フードを外さなくても撮影に入れるので重宝しそう。

逆にレンズプロテクターはフードで防御されていない感じがするので細かくチェックしながら使って方がいいかもですね。

まぁフジツボが付いているので大丈夫だとは思いますので少し気にかけるくらいですかね。

それにしてもスッキリカッコいい。

自分の好きなところへX100Vとともに

フジフィルム X100V気に入りました。

デザインも最高ですし何より写りがかなり好き。

jpegでの撮影はフィルムシュミレーションでエフェクトをかけて撮影することができて雰囲気の良い写真が本体だけで完成しますし、RAWでの撮影もフジフィルムっぽい色使いの写真が写されていますので現像作業が楽しくて仕方ない感じ。

撮影している時もどこかフィルムカメラで撮影しているようなそんなリズム感だし、本気でマニュアル撮影しようと思えばそれも可能になる懐の深さもたまらない魅力です。

絞り値をレンズの部分で変更できる機構なんてオールドレンズを使っているみたいで気分が高揚してきます。

使えば使うほど好きになっていくようなそんなカメラ。

あぁ、いいなぁ。

X100Vのレンズは前モデルX100Fから変更になっているらしく、X100Fのレンズが好きな人も多いとのこと。

そんなこと聞いたらX100Fも欲しくなってしまう〜困る〜。

とはいえ個人的に絞り開放からスッキリとした描写を出してくれるX100Vのレンズは好ましいと思いますのでとにかくX100Vでしか撮れないような写真を目指して使い込んでいきます。

子どもの写真もバシバシ撮りやすいチルトが付いているのでかなりありがたい。

ツーリングにも日常にも家族にもX100Vでなんでも撮って楽しんでいこうと思います。