X100VとX-T4のある暮らし

この上半期にカメラ周りを一新しまして、FUJIFILMユーザーに変貌を遂げました。

コンデジを含めてSONYからFUJIFILMに移行したわけなのですが、その使い方についてはSONYの頃と違いがあります。

X100VとX-T4の使い方を考えました。

FUJIFILMのカメラ

ぼくが所有しているFUJIFILMのカメラはX100VとX-T4の2つ。

センサーサイズが同じ、かつX100Vはコンデジにしては大きめな印象なため、感覚的に違うカメラという感じはしないです。

どちら一方の延長上にもう一方のカメラがある。同じ目線の高さに存在しているような感じでしょうか。

レンズ交換の有無が大きな違いで、X-T4のほうが様々なシチュエーションに対応できる感はあります。

共通しているのは、どちらのカメラもこれまで以上に気に入っているカメラだと言うこと。

もちろん今まで使用してきた、OLYMPUS、NIKON、CANON、SONY、どのメーカーのカメラも好きだったし、とても気に入って使ってきましたが、FUJIFILMのカメラはその中でも特にいい。

特にX100Vが良いんです。気軽に持ち出せて、描写が綺麗で、見た目もクラシカルでかわいい。

レンズ交換ができない、ズームができないといった部分もありますが、デジタルクロップを使用して35mm、50mm、70mmの画角を再現することができます。

X-T4も見た目も操作性も描写もいい。FUJIFILMは交換レンズの性能もかなりぼく好みなので、使っていて楽しいです。

X100Vを使う場面

X100Vを使う場面について考えたところ、いやこれ常に使っているよねと思いました。

お出かけを含めてかなりの頻度で持ち出している。Leica M6とどちらにしようかなと考えることがありますが、何気ない普段の生活はLeica M6、ちょっとだけ特別な日はX100Vといった感じです。

どちらのカメラもコンパクトなので、どちらも持って出かけるという日もありますね。

子どもと出かける日は、動画を撮影するために、GoProも持って出かけますので、X100Vが軽量コンパクトで良いです。

x-T4で動画、静止画を撮影しても良いのですが、動き回る子どもを相手にするときはGoproのほうが楽かな。

写真もX-T4のほうが好きな写真が撮れるので、そちらを使用したい気持ちはありますが、軽いカメラで子どもと一緒に遊びながら撮影したいと考えるとX100Vのほうが楽。

X-T4を使う場面

ではいつX-T4を使うのか。バイクに乗るときやブログ用に物撮りをするときです。

つまり、家族から離れて一人でなにかに打ち込んでいるとき。

そういったときはX-T4のほうがいい。写真も自分の思ったような写真を撮影できるし、何よりX100Vよりも写真を撮っている感が強いのが良い。

カメラらしい形なのでそう思うのでしょう。カッコいいカメラ使っていて気持ちええわけです。

もちろん荷物を軽くしたいときはX100Vを持ってツーリングに行くこともありますが、撮りたいモノがあるときはX-T4を持ち出したい。

どちらも最高にいいカメラ

X100Vは、レンズの写りが今までのシリーズと比較して変化したカメラだ、と言われることがあります。

X100Vしか使ったことがないので、比較することはできませんが、X100Vは最高のカメラだと考えていますし気にしたことはないです。

X-T4も同様に最高のカメラ。ここぞの一枚を撮りたいときにぼくの考える最高の写真を撮影させてくれます。

腕が上がったんじゃない、カメラがそう撮ってくれるのです。

この二台にフィルムカメラを加えて、カメラライフを楽しもうと思います。

created by Rinker
富士フイルム
¥151,443 (2021/08/02 02:27:05時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
富士フイルム
¥247,200 (2021/08/01 22:17:53時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です