FUJINON XF16mmF1.4 R WR レビュー|寄れてる明るい広角単焦点

フジフィルム広角単焦点

広角レンズ。今までも使ってきましたが、広角レンズって難しい。「風景を撮影するため」のレンズなのだと考えてしまってうまく撮影することができない感じ。

フジフィルムに移行してからも散々悩みましたが、やっぱり撮影の幅をもたせたいなら必要じゃないかとの結論に至りました。

そして買って使って、気に入っているレンズがXF16mmF1.4 R WRです。

XF16mmF1.4 R WRのスペック

基本スペック

  • レンズ構成 11群13枚
  • 焦点距離 16mm (35mm判換算:24mm相当)
  • 画角 83.2°
  • F値 F1.4〜F16
  • 絞り羽枚数 9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離 15cm
  • 防滴・防塵 ○
  • サイズ ø73.4mm x 73.0mm
  • 質量 約375g
  • フィルター経 ø67mm

外観と操作性がかなり良い

広角単焦点でF値も1.4なため、見た目以上にずっしり感があります。

外観のずっしりとした感じが加わるコトで高級感のあるレンズですね。このあたりはFUJINON XF35mmF1.4 Rとは少し毛色の違う感覚でしょうか。

フォーカスリングはスッキリとした操作感でくるくる回すことが出来ます。個人的にフォーカスリングはこれくらいスッキリとまわってくれた方がいい。

絞りのリングもクルクルと回すことができて、個人的にかなり好きです。添えた左手でカチカチっと自然に回せるくらいの感覚。

フードは純正で付いていたモノではなく、別売りの金属角型フードを使用しています。賛否はあるのかもしれませんが、ぼくはこちらの方がカッコよく感じますので。

別売りの専用フードのかっこよさ

このレンズはこのフードが付いている状態が完成形だと思っています。

とにかくカッコいい。蓋もスライド式のモノが付いていてなかなか凝ったつくりになっています。まぁ、そんなに蓋使わないんですけどね。

フード自体の作りはかなりしっかりしているので、大きくぶつけない限りは凹んだりはしないんじゃないでしょうか。このフードが凹むほどのダメージを与えたら、レンズの方が負けて傷だらけになっていそう。

なかなかのお値段がしますが、このかっこよさを手に入れるためには必要な投資ですね。このレンズを手に入れたら黙って購入しましょうw

一点、レンズフィルターには注意が必要です。あまり分厚いモノにしてしまうとフードとフィルターが干渉してしまい、フードが取り付けられなくなります。

ここは純正品が安心。

ですがそこは純正品。高いので、他のメーカーの少しでも薄いフィルターでも問題なくはまるようです。

created by Rinker
富士フイルム
¥19,482 (2021/08/01 19:41:34時点 Amazon調べ-詳細)

ピントリングの思い出

ピントリングを上下させてMF・AFを切り替えができるようになっています。

初めてこのレンズを持った時にその存在を知らず、AFが動作しない!と焦ったのはいい思い出。

MFに設定したときに被写界深度メモリが表示されるのがいいですね。芸が細かいというか。

最近のレンズには付いていないので、珍しくて個人的に好きな部分。まぁ、目測での撮影をするかと言われるとしないので、使わないんですけどね。

XF16mmF1.4 R WRの良いところ

こういうタイトルの項目のときは大抵気になるところも書くようにしているのですが、このレンズに関しては特に気になるところが見つかりませんでした。

別売りのフードが高いくらいですw

良いところ

  • 開放値F1.4の明るいレンズ
  • 最短撮影距離15cm。角形フードであればフードと被写体が当たるくらいまで寄って撮影できる
  • AFが早い
  • 歪みをあまり感じない
  • 防塵防滴

作例|XF16mmF1.4 R WRの写真

動画(Vlog)撮影に使いたいレンズ

いわゆる動画撮影にも向いているレンズです。特にVlogに関してはこのレンズが一番良いんじゃないでしょうか。

画角が24mm相当で使いやすく、F1.4で明るいため使うシーンを選びません。また、最短撮影距離が15cmなので、単焦点ですが、Vlogの中で物撮りをすることも簡単。

さらにレンズが防塵防滴なので、天候に左右されません。AFは動画でもスムーズ。

動画撮影を行いたい人にとってかなり有用なレンズになるはずですよ。

ぼくは基本的に動画を撮影するときはこのレンズを使用しています。

フジフィルムの広単焦点ならこのレンズ

フジフィルムの広角単焦点であればこのレンズをおすすめします。

写りの良さは間違いないですし、使い勝手も抜群。フジフィルムのレンズにおいては大きめなサイズ感ですが、他のメーカーのモノに比べれば軽いモノですよ。

ニコンの頃に使っていた広角レンズは1kgくらいありましたからね。肩が壊れるかと思いました。

比較対象となるレンズはXF16mmF2.8 R WRとXF10–24mmF4 R WR OISがあります。

非常に悩ましいところですね。旅行のときはXF10–24mmの方が広角から標準域までカバーしてくれるので楽かもしれません。35mm換算で16–35mm相当ですので、使いやすいだろうなぁ。

F4通しなところが少し気になりますが、使いやすいレンズなはず。

XF16mmF2.8 R WRはXF16mmF1.4 R WRのあとに出たレンズですね。F2.8は控えめなところですがこのレンズのいいところは防塵防滴、最短撮影距離17cm、コンパクトな本体となっているにもかかわらずXF16mmF1.4 R WRの半分程度の価格で購入することが可能なところです。

これは悩ましいw

暗いシーンなども含めて万能に使えるのはF1.4の方だと思いますが、コンパクトな本体はかなり魅力的です。

広角単焦点がコンパクトなのはいいところですよね。

フジフィルムのレンズラインナップは楽しいですね。これからも楽しんでいこうと思います。

ということで、XF16mmF1.4 R WRのレビューでした。是非一度使ってみてください〜。

created by Rinker
富士フイルム
¥108,158 (2021/08/01 19:41:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です