FUJINON XF56mmF1.2 APD レビュー|注目すべきはその立体感

フジフィルム、X-T4を手にしてからしばらく経ちました。

X100Vでフジフィルムのカメラの良さを理解して、もっといろんなレンズを使ってみたい、フジフィルムで撮影してみたいと思ったことがきっかけです。

以前にXF35mmの記事をあげていますが、実はぼくの最初のXマウントレンズはこのXF56mmF1.2 APDです。

FUJINON XF35mmF1.4 Rレビュー|美しいボケと高い描写力のレンズ。

中望遠は以前から使っていましたが、最終的に標準域が常用レンズになるぼくにとって結構思い切った決断です。

まだ、短い期間ではありますが、それなりに使用してきましたので、レビューを書いていきます。

XF56mmF1.2 APDの基本スペック

基本スペック

  • レンズ構成:8群11枚
  • 焦点距離:f=56mm(35mm判換算:85mm相当)
  • 画角:28.5°
  • F値:F1.2〜F16(実質F1.7〜)
  • 絞り羽枚数:7枚
  • 最短撮影距離:70cm
  • 最大撮影倍率:0.09倍
  • サイズ:ø73.2mm×69.7mm
  • 重量:405g
  • フィルター経:ø62mm

外観と操作感

パッとみた限り、寸胴なボディをしているように感じるかと思います。中望遠のレンズ、さらに大口径のレンズの迫力が感じられてぼくは好きです。

XF56mmF1.2 APDのAPDとは、XF56mmF1.2 Rにアポダイゼーションフィルターを搭載したモデルになっていて、いわゆるカスタムモデル。

created by Rinker
富士フイルム
¥142,000 (2021/06/16 05:08:24時点 Amazon調べ-詳細)

こちらがAPDモデルで、下が無印モデルです。

created by Rinker
富士フイルム
¥99,500 (2021/06/16 05:08:24時点 Amazon調べ-詳細)

明るさをフィルターによって犠牲にして、その分描写力とボケのなだらかさ、立体感を重要視したレンズになります。

56mmは35mm換算で85mm相当の中望遠。中望遠の中でも使いやすい距離帯。

レンズフードが付いてきますが、個人的にXF23mm F1.4 Eの角形フードを装着する方がカッコいいと思います。というよりもこのフードを装着して完成される外観。カッコいい。

created by Rinker
富士フイルム
¥6,736 (2021/06/16 05:08:25時点 Amazon調べ-詳細)

噂によると若干ケラれるとのことですが、ぼくが撮影する限りにおいて気になるようなものではないですね。

このレンズはファインダーを覗けば理解できる

いいレンズは撮影する前からわかるモノですが、このレンズについてもそう言えます。

ファインダーを覗くだけでその描写力、立体感は理解できます。ファインダーに表示されている画面がとにかく素晴らしい。

ボケ感も立体感も撮影する前から肌が震えるほど。

このレンズはそのボケの美しさもあって開放で撮影するレンズなのですが、その開放から圧倒的な描写力を見せてくれます。

ピント面のキレたるや只事ではありませんよ。

ボケ感よりも特筆すべきは立体感

このレンズの凄みはボケ感よりも立体感にあると考えます。一般的にはボケの美しいレンズという評価ですが、ぼくはボケよりも立体感派。

いわゆる無印のXF56mmF1.2 Rのザワザワとしたボケよりも、ドロっとしたようなボケが特徴で、その個性的なボケ感が美しいです。

そしてそのドロっとしたボケとピント面の描写力によって、立体感のある写真に仕上がっているのだろうと思います。

ピントのキレをより際立たせるためにボケが存在しているレンズです。 この立体感は一度味わうとクセになりますよ。

撮った一枚に何かを感じる

立体感によってもたらされる、何もない写真に感じられる何かあるという感覚。

このレンズの巷での評判といえば、撮影がうまくなったと誤解させてくれるレンズというものが有名です。それは豊かなボケとピントのキレ、立体感が被写体に注目がいくようになっていることが原因でしょう。

確かに写真を撮るのが急にうまくなったような気がします。別のレンズを使うとそんなことないので、本当に誤解させてくれているだけなんですが。

何も考えないで撮った写真を見返すと、なんだかいつもと違って何か良い。何か意味を感じる。そんな写真になっていることがあって、本人の意識とは別にいい写真に仕上げてくれるレンズじゃないかなと思いました。

XF56mmF1.2 APDの作例

このレンズは開放で撮影してこそのレンズ。
明るい日中などでは白飛びするような明るさになrかもしれませんが、このレンズの開放はその問題を押し通してでも使いたくなる描写を持っています。

スナップ

スナップにこそ持ち出したいレンズ。

一緒に街を歩けば、これはという写真を勝手に量産してくれるような気がします。

風景

このレンズは風景にも強いと感じます。

ピントのキレがいいので、遠景を写したときにもその性能を十分に発揮してくれます。

室内撮影

明るさが無印と比較して暗くなっているとはいえ、F1.7なので十分に明るいレンズだと思います。

特に暗いなぁと思うことはないと思いますが、夜はどうなのだろうか。

ある程度の距離があれば、いい感じに写すことができることが本当に楽しいレンズです。

このレンズのいいところ・気になるところ

いいところ

  • 立体感を感じるピントとボケ
  • 開放から積極的に使いたい描写力

気になるところ

  • F1.2のレンズが実質F1.7になるところ
  • 最短撮影距離70cmは若干遠い

F1.2のレンズが実質F1.7になるところ

APDが装着されていることにより、F値が実質F1.7になっているところが気になるところ。より明るさを必要としている人にとっては無印の方が優れていると感じるかもしれませんね。

APDの恩恵に寄ってボケ感が良くなり、立体感をより感じられるようになっているので、明るさとトレードオフする価値はありますが、どうしてもF1.2の明るさが欲しい人もいると思います。

ぼくはこのレンズを実際に使ってみて、明るさを犠牲にする価値はあると感じましたので、そこまで気になるところではありませんが、そういう面もあるという意味合いで書きました。

最短撮影距離70cmは若干遠い

中望遠のレンズなので、そんなに近くに寄って撮影するレンズではありませんが、70cmは結構遠く感じます。

特にこのレンズしか持っていないようなシーンではストレスを感じることもあるでしょう。テーブルフォトは厳しいと思います。

まぁ寄りたいときは別のレンズを使ってググッとよればいいですね。

このレンズは絶対に必要な一本

このレンズを購入するにあたって比較検討したのはXF56mmF1.2 R。ぼくが無印と呼んでいるレンズです。

XF56mmF1.2 Rの存在は確かに検討する価値があります。

APDが搭載されている分、価格も高くなりますし、レンズの明るさも無印と比べて暗くなります。本当にAPDは必要なのかを考える必要があるわけですね。

結論としてぼくはAPDは必要であると判断してXF56mmF1.2 APDを購入するに至りました。

理由はシンプル。明るさよりもボケと立体感が必要だったからです。

ぼくが撮影するのはスナップ撮影や街撮りが中心。そう考えるとそこまで明るさが必要に感じられるシーンというのはありません。

特に街撮りであれば欲しいのは明るさよりもボケや描写力。

そう考えるとぼくには無印よりもXF56mmF1.2 APDの方が必要だと考えました。

空気すら切り取るレンズ

Xマウントに移行して以来、どのレンズを使ってみても新鮮で、使う以前に考えていたよりもはるかに美しい写真が撮影できることに満足しています。

その中でも描写力においてこのレンズは群を抜く素晴らしさを持っています。

常用レンズとしては最短撮影距離が70cmだったりと難しい面もありますが、どこかに出かける際は間違いなく持って出かけるレンズ。

このレンズがないことで後悔する場面は多いと思います。

すでに無印を持っている人に関して、このXF56mmF1.2 APDへの買い替えは必要なのか考えましたが、ここは難しいことを考えないで、明るさとボケ・立体感のどちらを撮影で重要視するのかで決めたらいいかと思います。とはいえ無印も良いレンズなので、無理して買い換える必要もないかなといったところ。

少しでも興味が出てきた人は試してみて欲しいです。きっと後悔しないですよ。

created by Rinker
富士フイルム
¥142,000 (2021/06/16 05:08:24時点 Amazon調べ-詳細)

XF35mmもおすすめのレンズです

前に書いたXF35mmもおすすめのレンズです。

FUJINON XF35mmF1.4 Rレビュー|美しいボケと高い描写力のレンズ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です